utpicturapoesis―詩は絵のように | コレクションにみる文学を彩る書画の魅力

2017年5月10日 10:16

   古代ローマの詩人ホラティウスの『詩論』の一節「utpicturapoesis―詩は絵のように」に端を発し、詩と絵を「姉妹芸術」とみる「画文一如」、「画文共鳴」の芸術観は、長い年月を経た今も共感をもって受け入れられています。現在では、文学と美術の共鳴と言ってもよいでしょう。古来より神聖な空間や経典などで尊い言葉の荘厳を担い、教えや物語を絵解きで視覚化して伝えた絵画や装飾美術は、近代以降も挿図、挿絵、装幀などで言葉や文学と深く結びついてきました。毛筆の運びと七彩に譬えられる墨色により、文字は語意にととまらず絵は極彩色に劣らない無碍の表現を誇る東洋の書画でも、詩句と絵を一体にして理想郷が描かれました。このように文学と美術、言葉、絵画、装飾は、長きに亘って共に様々な形で人間の営みを豊かにしてきたのです。そして、想像力に優れた古今東西の詩人、文学者の多くは書画を愛好し、自らも絵筆を揮いました。一方で文学作品の精髄を汲んだ画家が傑出した画を成し、詩歌や文章でも才を開かせることは少なくありません。今回のコレクション展では、毛筆の詩歌句、室や書斎に掛けた敬愛する文学者や友人の揮毫、文房具など、文学者による、または文学者にまつわる書画とゆかりの品、そして詩や小説、児童文学を彩る挿絵やデザイン、近代を代表する表現芸術である映画を支える美術の仕事をご紹介します。文学者の美意識や趣味を、画家による文学と美術との架橋を、当館秘蔵のコレクションを通して「読む・観る」の両面からお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月29日(土) ~ 9月18日(月)

会場

世田谷文学館

所在地

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/21

利行は、関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、近代化が進む荒川・隅田川沿い、千住のガスタンクやお化け煙突、隅田公園にできたばかりの...

2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

2018/4/20

(画像は公式サイトより)西武池袋本店の7階 催事場では2018年4月20日から5月6日まで、「全国味の逸品会」が開催されています。 国内外で話題のスイーツ...

注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ