浅野竹二の木版世界

2017年5月 9日 10:00

   「生きるとは、楽しむことである。それには自由でなければならない。」と浅野竹二の版画の世界が我々に語りかけてきます。 京都生まれで今から約20年前に京都に没した浅野竹二(1900-1999)は、はじめ日本画家を志し、やがて木版画家に転向、明朗で光にあふれた独特の全国名所絵で知られるところとなりました。大阪、京都、東京など、温かみのある多色木版画の全国名所絵シリーズをご覧いただくと、ちょっとした全国漫遊、楽しい小旅行気分を味わえることでしょう。 そして自分で描き、彫り、摺る創作木版画を好むようになり、浅野の作品世界は大きく変化します。版木の中に誰も見たことのないような柔らかく、穏やかで、ぽかぽかとした春の日差しのような世界を作り出していきました。 昭和35年、アメリカの社会派の画家ベン・シャーンは、独特の石版画世界を作り出す画家でしたが、突如京都の浅野のアトリエを訪ね、浅野の作品を賞賛しました。この時から二人の交流が始まったのでした。この出会いが、浅野の独自の世界の創出にさらなる力を与えました。浅野の作品に、幼児性とも取れるほどの単純さ、大胆さ、純粋さ、そして愉快さをもたらしました。しかしこの浅野作品には、独特の人生哲学が含まれています。つまり、生きることを人間を中心に考えるのではなく、動物たちに人も含めて、命たちの営みとして、命の「ひとときの輝き」として愉快さを持って語っています。あっけらかんとして、と、生きることをなんの屈託もなく、心からの喜びの笑い声として描いています。 関西では高い評価を受けてきたユマニスト木版画家・浅野竹二の世界を関東圏で初めてまとめてご紹介いたします。ぜひご来館いただき、ご一笑くださいますようお願いいたします。

イベント詳細ページへ

会期

2017年5月20日(土) ~ 7月2日(日)

会場

府中市美術館

所在地

〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/20

直前の連絡で申し訳ありませんが、あす2018年4月21日開催の「第3回webメディアびっくりセール」に、Jタウンネットも参加します。今回は、あすスタートの...

2018/4/20

(画像は公式サイトより)西武池袋本店の7階 催事場では2018年4月20日から5月6日まで、「全国味の逸品会」が開催されています。 国内外で話題のスイーツ...

2018/4/20

いわさきちひろは、おしゃれ心を大切にした女性でした。ファッションブランドspokenwordsproject(スポークンワーズプロジェクト)が、ちひろのセ...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/19

みなさん、おはようございます!喜多方ラーメン坂内PRチームです。 1年ぶりに復活した「ピリ辛香ばし塩ラーメン」。もう食べていただけましたでしょうか?食欲...

アクセスランキング
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ