浅野竹二の木版世界

2017年5月 9日 10:00

   「生きるとは、楽しむことである。それには自由でなければならない。」と浅野竹二の版画の世界が我々に語りかけてきます。 京都生まれで今から約20年前に京都に没した浅野竹二(1900-1999)は、はじめ日本画家を志し、やがて木版画家に転向、明朗で光にあふれた独特の全国名所絵で知られるところとなりました。大阪、京都、東京など、温かみのある多色木版画の全国名所絵シリーズをご覧いただくと、ちょっとした全国漫遊、楽しい小旅行気分を味わえることでしょう。 そして自分で描き、彫り、摺る創作木版画を好むようになり、浅野の作品世界は大きく変化します。版木の中に誰も見たことのないような柔らかく、穏やかで、ぽかぽかとした春の日差しのような世界を作り出していきました。 昭和35年、アメリカの社会派の画家ベン・シャーンは、独特の石版画世界を作り出す画家でしたが、突如京都の浅野のアトリエを訪ね、浅野の作品を賞賛しました。この時から二人の交流が始まったのでした。この出会いが、浅野の独自の世界の創出にさらなる力を与えました。浅野の作品に、幼児性とも取れるほどの単純さ、大胆さ、純粋さ、そして愉快さをもたらしました。しかしこの浅野作品には、独特の人生哲学が含まれています。つまり、生きることを人間を中心に考えるのではなく、動物たちに人も含めて、命たちの営みとして、命の「ひとときの輝き」として愉快さを持って語っています。あっけらかんとして、と、生きることをなんの屈託もなく、心からの喜びの笑い声として描いています。 関西では高い評価を受けてきたユマニスト木版画家・浅野竹二の世界を関東圏で初めてまとめてご紹介いたします。ぜひご来館いただき、ご一笑くださいますようお願いいたします。

浅野竹二《食卓の猫》1978年

イベント詳細ページへ

会期

2017年5月20日(土) ~ 7月2日(日)

会場

府中市美術館

所在地

〒183-0001 東京都府中市浅間町1-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/5/27

カップ麺に巻き付いた様子の蛇が妙に微笑ましい――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。糞の片付けして戻って来たら麺づくりに巻き...

2017/5/27

関東地方と首都圏。この2つの言葉の意味する内容の違い、あなたは分かりますか? 名前が違う以上、指し示す内容も異なるはずだが、明確な違いにはいまいちピンと来...

2017/5/27

スティーヴン・スピルバーグ氏が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」(ロバート・ゼメキス監督、1985年)を世に送り出し、同映画に登場するタイ...

2017/5/27

生まれること。成長していくこと。変様していくこと。すべての生きとし生けるもの、森羅万象の鼓動を描きたい。かつて生きていたものも、これから生まれるものも。今...

2017/5/27

 日本の近代植物分類学の礎を築いた一人である牧野富太郎は、植物図の名手でもありました。牧野が描いた植物図は、観察力の深さと描写の精密さ、そして単なる個体の...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    176
    10年平均比
    -36.35%
    前週比
    +114.63%
  2. 2
    2
    185.71%
    +100.00%
  3. 2
    2
    -62.26%
    +100.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(16)
  3. 3

    ↑(175)
  4. 4

    ↑(9)
  5. 5

    ↓(3)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ