北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃

2017年5月 9日 10:30

   19世紀後半、日本の美術は、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでももっとも注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760-1849)。その影響は、モネやドガら印象派の画家をはじめとして欧米の全域にわたり、さらには絵画、版画、彫刻、ポスター、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。北斎芸術が、西洋における新しい造形表現を生み出す原動力となったのです。本展は、西洋近代芸術の展開を“北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、世界初の展覧会です。国内外の美術館や個人コレクターが所蔵するモネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約200点と、北斎の錦絵約30点、版本約60点の計約90点(出品点数は予定、会期中展示替えあり)を比較しながら展示します。北斎という異文化との出会いによって生み出された西洋美術の傑作の数々を堪能いただくとともに、西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力も感じていただけることでしょう。

イベント詳細ページへ

会期

2017年10月21日(土) ~ 2018年1月28日(日)

会場

国立西洋美術館

所在地

〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/25

1964(昭和39)年10月1日に東京~新大阪間で開業した東海道新幹線は、世界で初めて時速200km超での営業運転を実現し、日本と世界の鉄道に高速化という...

2018/4/24

七回目を迎えた鳥居清長忌展覧会。今年は六大浮世絵師の一人として名高い天明期の美人画家「鳥居清長」の作品に加え、清長をはじめとした絵師たちによる生き生きと描...

2018/4/24

世界の現実を伝えてきたフォトジャーナリズム誌『DAYSJAPAN(デイズ・ジャパン)』。今年も「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2018受賞作品」の写...

2018/4/24

小学校の給食で、皆さんが好きだった料理は何だろうか。「カレーライス」「あげぱん」「わかめごはん」などの食べ物が挙がるところ、なかに、「ミートソーススパゲテ...

2018/4/24

夏季としては、日本最大級の洋蘭の展示会となる同展は、蘭友会の精神である「らんを楽しむことを通じて人の和を図る」「らんを守る・知る・伝える」ことを趣旨とし、...

アクセスランキング
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ