17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展

2017年5月 9日 10:43

    「うつわを見る」時、何に注目されるでしょうか。何焼であるのか、何に使うものか、あるいは色や文様でしょうか。しかしこれらの他にも、やきものには実に多くの見所があるのです。同じ「古伊万里」でも、丸い皿もあれば四角い皿、花形の皿もあり、素地の白さも青味がかったものもあれば乳白色のものもあり、一様ではありません。それぞれの違いが何によって生まれているのか、一歩踏み込んで考えながら観察していると、ふと、うつわの新たな一面を発見できることがあります。その時、今まで目に留めることのなかった作品が、急に自分だけの「逸品」になるかもしれません。 とくに今回取り上げる17世紀は、古伊万里にとって、誕生と技術革新によって、多様な作品が生み出された時代です。「かたち」や「素地の白」など15のテーマのもとに並んだ個性豊かな約70点を、じっくり観察しながら皆様のお気に入りの「逸品」を是非探してみてください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年5月27日(土) ~ 9月2日(土)

会場

戸栗美術館

所在地

〒150-0046 東京都渋谷区松涛1-11-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/5/27

カップ麺に巻き付いた様子の蛇が妙に微笑ましい――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。糞の片付けして戻って来たら麺づくりに巻き...

2017/5/27

関東地方と首都圏。この2つの言葉の意味する内容の違い、あなたは分かりますか? 名前が違う以上、指し示す内容も異なるはずだが、明確な違いにはいまいちピンと来...

2017/5/27

スティーヴン・スピルバーグ氏が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」(ロバート・ゼメキス監督、1985年)を世に送り出し、同映画に登場するタイ...

2017/5/27

生まれること。成長していくこと。変様していくこと。すべての生きとし生けるもの、森羅万象の鼓動を描きたい。かつて生きていたものも、これから生まれるものも。今...

2017/5/27

 日本の近代植物分類学の礎を築いた一人である牧野富太郎は、植物図の名手でもありました。牧野が描いた植物図は、観察力の深さと描写の精密さ、そして単なる個体の...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    176
    10年平均比
    -36.35%
    前週比
    +114.63%
  2. 2
    2
    185.71%
    +100.00%
  3. 2
    2
    -62.26%
    +100.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(16)
  3. 3

    ↑(175)
  4. 4

    ↑(9)
  5. 5

    ↓(3)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ