書の流儀Ⅱ ―美の継承と創意

2017年4月20日 13:11

   書を芸術として愛してきたわが国の伝統は、中国を模範として学んだのち独自の世界観を育みました。各時代の知識人たちは「書く」ことに親しみつつも数々のルールを定めましたが、一方では巧みさや個性を競うこともありました。こうした慣習は今なお変わらず、多様な美を認め、様々な流儀を派生させています。古来、書とはいかに受け継がれ、また各々の理想はどのように追求されてきたのか。素朴な疑問とともに書表現の鑑賞方法を日本・中国の優品よりたずねます。

イベント詳細ページへ

会期

2017年11月11日(土) ~ 12月17日(日)

会場

出光美術館

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビル9F

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/10/21

【展覧会詳細】2017年10月30日(月)~12月8日(金)開館時間 12:00~19:00(金・土は20:00まで)、火曜休場【出品作家】青木香保里/安...

2017/10/21

え、ほん?展へ、ようこそ 本と人類の関係は、長く深い。そのはじまりでは石や土、そして植物や動物の皮など身近な天然素材を活用し、今では電子化されるなど、その...

2017/10/21

戦争体験者に話を聞く機会が年々減少している今日、平和祈念展示資料館では、さきの大戦が残した悲劇を後世に伝えるため、語り部お話し会の開催や証言映像の制作・公...

2017/10/21

[ちちんぷいぷい - 毎日放送] 2017年10月13日の放送では、和歌山のアドベンチャーワールドの期間限定イベントについて紹介されました。 アドベンチャ...

2017/10/20

元ネタ:「ぐねる」の勢力分布が見えてきた! わかる派→西日本、わからない派→東日本これまでの連載はこちら。筆者:森キノコ絵とかマンガとか描いてます。 らし...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    461
    10年平均比
    76.43%
    前週比
    +10.02%
  2. 2
    882
    13.54%
    +3.04%
  3. 3
    41
    -55.68%
    -6.82%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(7)
  2. 2

    ↑(113)
  3. 3

    ↑(21204)
  4. 4

    ↑(3345)
  5. 5

    ↑(14)

↑上へ