デザイン・インタープリテーションズ|谷川俊太郎のラジオ

2017年4月18日 10:04

   2017年4月22日(土)から5月28日(日)まで、D-lab東京ギャラリーにて「デザイン・インタープリテーションズ|谷川俊太郎のラジオ」展を開催いたします。———————谷川俊太郎[1931年生まれ]は、今も生存する日本の詩人であり、国内外で広く読まれ高く評価されています。しかし、彼のラジオ・無線工学への情熱についてはあまり知られていません。2010年、彼は自身が所有する、主にアメリカ製のヴィンテージラジオの幅広いコレクションを、関連するポスターや出版物とともに京都工芸繊維大学に寄贈しました。2011年に一度展示されて以来、これらは、大学図書館や美術工芸資料館に保存されたままで、一度もこれらに関する再解釈的な作品がつくられたことがありません。このコレクションに命を吹き込み、類まれなこの詩人の仕事を浮き彫りにするために、KYOTODesignLabでは2016年11月に英国王立芸術院[RCA]との共同ワークショップを実施しました。参加したのは10カ国の異なる文化的背景を持つデザイナーたちです。彼らは谷川俊太郎のコレクションを題材に取り上げ、メディア領域において観客と新たなコミュニケーションを図るための作品を制作しました。本展でその成果を展示いたします。———————会期|2017年4月22日(土)〜5月28日(日)時間|12:00-19:00会場|京都工芸繊維大学KYOTODesignLab東京ギャラリー住所|東京都千代田区外神田6丁目11-14アーツ千代田3331203号室http://www.3331.jp/access/入場|無料休廊|月・火主催|京都工芸繊維大学KYOTODesignLabhttp://www.d-lab.kit.ac.jp/eve…/2017/design-interpretations/【ギャラリートーク】日時|2017年5月13日[土]17:00-18:30(開場16:30)定員|先着20名(無料)お申込|下記URLからお申込ください。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScW0hshdKAbhVwDXrA2DlOpGo9X6yvrtQYr2OSxwbUmJyxF8w/viewform?c=0&w=1会 場|京都工芸繊維大学KYOTODesignLab東京ギャラリー住所|〒101-0021東京都千代田区外神田6丁目11-143331ArtsChiyoda203号室ゲスト|谷川俊太郎ほか進 行|JuliaCassim[D-Lab特任教授]ほか

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月22日(土) ~ 5月28日(日)

会場

京都工芸繊維大学KYOTODesignLab東京ギャラリー

所在地

〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-143331アーツ千代田203

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/25

江上茂雄は義務教育以降、美術の専門的教育を一切受けず、独学で、身近にある画材「クレパス」「クレヨン」「水彩」そして「木版」による制作を生涯続けました。特に...

2018/4/25

子供のころ誰もが手にしたことのあるクレパス。クレヨンとパステルの良さを兼ね備えた画材として、1925(大正14)年に日本で発明されました。画面によく定着し...

2018/4/25

かつてレースは、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で富と権力の象徴として流行し、歴史上、常に重要な価値を持ってきました。熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業...

2018/4/25

アメリカのアーティスト、ゴードン・マッタ=クラーク(1943~78)のアジア初となる大回顧展。大学で建築を学んだマッタ=クラークは、美術へと活動の舞台を移...

2018/4/25

1964(昭和39)年10月1日に東京~新大阪間で開業した東海道新幹線は、世界で初めて時速200km超での営業運転を実現し、日本と世界の鉄道に高速化という...

アクセスランキング
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ