「布、色、インド」展

2017年4月14日 10:00

   日本とインドをつなぐ布と色。日本のデザイナーがインドを旅して見つけた絶妙な色と柄がインドの布となり、この春、FoundMUJIに誕生しました。インドにとって布は、永きに渡り特別な存在でありつづけています。例えば、国旗の中央に大きく糸車が描かれていた時代があったことからも、この地の暮らしに手工業としての布は深く根ざしていることが読み取れます。そして今もなお、世界の多くの手織物が、インドの人々の手によって生み出されています。また、その布を彩る色は、インドの豊かな自然、広大な国土、人口12億人を越える人種や民族の多様さを反映し、じつに多彩で魅力的な風景を作り出しています。街を歩けば、建築物、車や自転車、日用品、衣服、食品、動物にまで、街には色がエネルギーとともにひしめいています。そんな混沌として圧倒的な色の洪水の中に、わたしたちがほっとする色、心安らぐ色も存在します。潤いや安らぎを感じる気持ちはひとそれぞれですが、文化や歴史や物理的な距離をこえた親しみが、色を通してわいてきます。本展では、インドの街を旅して見つけたいろいろな布や色から、やさしいインドを感じることができる庭を作りました。色は人をつなぎ、文化をつなぎます。色と布とインドのささやかな景色を愉しんでください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月28日(金) ~ 6月25日(日)

会場

無印良品有楽町ATELIERMUJI

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/5/30

スナック菓子「カール」の話題が波紋を広げている。全国販売されている「チーズあじ」と「うすあじ」が関西地域以西のみでの販売になり、「中部以東」での販売は中止...

2017/5/30

とある駐車場の貼り紙が江戸っ子すぎる! ――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな貼り紙だったのか、見て...

2017/5/30

不染鉄は、大正8(1919)年、第一回帝展に初入選し、その後も度々入選するなど、将来を嘱望されながら、戦後は画壇から距離を置き、84歳になるまで奈良の地で...

2017/5/30

すべて見せます、武家諸法度江戸時代、徳川幕府は諸大名などの武家を統制するために「武家諸法度」を発令しました。この法度は幕府が発した法令の中でも最重要視され...

2017/5/30

レコードには、謡・浪花節・流行歌などさまざまな内容が録音されていて、音楽を聴くだけではなく多様な楽しみ方がされてきました。レコードと人々の暮らしとの関わり...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    19
    10年平均比
    -22.45%
    前週比
    +90.00%
  2. 2
    96
    117.69%
    +57.38%
  3. 3
    71
    -19.50%
    +31.48%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(874)
  2. 2

    ↑(290)
  3. 3

    ↑(434)
  4. 4

    ↓(3)
  5. 5

    →(5)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ