「布、色、インド」展

2017年4月14日 10:00

   日本とインドをつなぐ布と色。日本のデザイナーがインドを旅して見つけた絶妙な色と柄がインドの布となり、この春、FoundMUJIに誕生しました。インドにとって布は、永きに渡り特別な存在でありつづけています。例えば、国旗の中央に大きく糸車が描かれていた時代があったことからも、この地の暮らしに手工業としての布は深く根ざしていることが読み取れます。そして今もなお、世界の多くの手織物が、インドの人々の手によって生み出されています。また、その布を彩る色は、インドの豊かな自然、広大な国土、人口12億人を越える人種や民族の多様さを反映し、じつに多彩で魅力的な風景を作り出しています。街を歩けば、建築物、車や自転車、日用品、衣服、食品、動物にまで、街には色がエネルギーとともにひしめいています。そんな混沌として圧倒的な色の洪水の中に、わたしたちがほっとする色、心安らぐ色も存在します。潤いや安らぎを感じる気持ちはひとそれぞれですが、文化や歴史や物理的な距離をこえた親しみが、色を通してわいてきます。本展では、インドの街を旅して見つけたいろいろな布や色から、やさしいインドを感じることができる庭を作りました。色は人をつなぎ、文化をつなぎます。色と布とインドのささやかな景色を愉しんでください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月28日(金) ~ 6月25日(日)

会場

無印良品有楽町ATELIERMUJI

所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/11/25

17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると戦乱の世は終わりを告げ、泰平の時代がおとずれました。時を同じくして文化面でも新たな潮流が生まれます。それが寛永年間...

2017/11/25

2017年は、作家の壺井栄没後50年、詩人・壺井繁治の生誕120年にあたります。2人が生まれ故郷の小豆島から上京し、夫婦となったのちに、昭和17年に住まい...

2017/11/25

画家・遠藤彰子(1947-)は、人間を取り巻く自然界に存在するあらゆる現象を描き出し、その壮大な世界観で観るものに圧倒的な印象を残してきました。500号を...

2017/11/25

本展は、NHKディレクターとして数々のテレビ番組を制作し、また本学では1990年の映像学科開設時に主任教授を務め、<全方位的な映像教育>という学科理念を打...

2017/11/25

このたび、武蔵野美術大学美術館・図書館では「ムサビ助手展2017-武蔵野美術大学助手研究発表-」を開催いたします。 “助手”は、研究室の一員として、授業運...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    27
    10年平均比
    -39.19%
    前週比
    +50.00%
  2. 2
    11
    -48.60%
    +37.50%
  3. 3
    48
    -49.42%
    +37.14%
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(1750)
  2. 2

    ↓(1)
  3. 3

    ↑(20)
  4. 4

    ↑(8142)
  5. 5

    ↑(32344)

↑上へ