挿絵本の楽しみ~響き合う文字と絵の世界~

2017年4月14日 10:43

   私たちは昔からさまざまな方法で情報のやり取りをしてきました。その方法はいろいろであっても、中心となっているのは文字と画像(絵)であることに変わりはありません。特に文字と絵が互いに支え合った時、一層その伝達力は強められます。「挿絵本」は正に文字と絵が同じ場所で支え合って成り立っているものです。では、私たちは今までどのような挿絵を眺め、文字と共に味わいながら物事への理解を深めてきたのでしょうか。本展では、主に中国の明・清時代(14世紀半ば~20世紀初め)と、日本の江戸時代(17~19世紀半ば)に作られた本の中から、解説書・記録類・物語など多彩な挿絵本を選び、ご紹介します。文字と絵の紡ぎだす豊かな世界をお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月15日(土) ~ 5月28日(日)

会場

静嘉堂文庫美術館

所在地

〒157-0076 東京都世田谷区岡本2-23-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/2/24

東京都西部に位置する日野市。立川市と八王子市に挟まれ、中央線の日野駅と豊田駅を擁するのどかな地域だ。そんな日野市にある豊田駅から、八王子駅方面へ向かう途中...

2018/2/24

イベント詳細ページへ会期2018年10月30日(火) ~ 2019年3月3日(日)会場国立科学博物館所在地〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20

2018/2/24

「戦争の残酷さや悲惨さ、軍隊の野蛮さや愚劣さを描きたい」。戦争と軍隊の不条理に耐える初年兵としてこの強い意志を抱いたとき、浜田知明は21歳でした。そして、...

2018/2/24

NHKの音楽番組「みんなのうた」に登場した昔懐かしい歌の世界が、東京都内の博物館で再現され、ツイッター上などで感激の声が上がっている。その歌とは、1984...

2018/2/24

戦後の日本に滞在したアメリカ人鳥類学者、オリバー・L・オースティンJr.は4年間で約1,000点のカラースライドを残しました。本展では、その中から厳選した...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ