燕子花図と夏秋渓流図

2017年3月16日 10:00

   尾形光琳(1658〜1716)による国宝「燕子花図屏風」と、鈴木其一(1796〜1858)による「夏秋渓流図屏風」という、琳派の二大傑作を同時にご覧いただく展覧会です。無背景に燕子花のみを描く「燕子花図屏風」は、衣裳デザインのようでありながら溌剌とした生気を放っています。対して「夏秋渓流図屏風」は、渓流の流れる檜(ひのき)の林に山百合や桜紅葉が彩りを添える一見何気ない情景に、どこか非現実的な感覚を湛えています。しかし二つの作品には、モチーフの律動感や金地に青や緑が映える色彩などの点で、相通じるものも見出されます。このたびの展覧会では、琳派の金屏風の数々にあわせ、其一が活躍した19世紀前半から、20世紀初頭までに制作された作品を展示します。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月12日(水) ~ 5月14日(日)

会場

根津美術館

所在地

〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/1/23

入口のドア前に「威力業務妨害」しているネコがいます――東京・東池袋のカフェにこんな貼り紙が掲げてあったと、ツイッター上で話題になっている。ドアを開ければど...

2018/1/22

2017年12月19日。東京の上野動物園ではジャイアントパンダ「シャンシャン」の公開がスタートし、予約が殺到したことは記憶に新しいだろう。その競争倍率は4...

2018/1/22

関東甲信地方を中心に2018年1月22日午前から雪が降り、東京都内などに大雪警報が発表された。国土交通省が「不要不急の外出」を控えるよう発表し、帰宅ラッシ...

2018/1/22

2018年1月19日に引退を発表した小室哲哉さんが多摩地区、府中市出身だということは、意外によく知られている話だろう。そのつながりから、2016年12月に...

2018/1/22

2018年1月15日、横須賀市は同市にある「日本遺産」のシンボルキャラクター「逸見(へみ)エモン」が誕生したと発表した。日本遺産とは「地域の歴史的魅力や特...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ