セノオ楽譜~竹久夢二画の表紙絵~展

2017年3月15日 10:13

   大正から昭和にかけて出版された「セノオ楽譜」。日本の名歌だけでなく斬新な訳詩で海外の歌曲を数多く紹介。西洋音楽の大衆化に大きく貢献しただけでなく、当時の先端を行く音楽文化の華を開いたとも言えるでしょう。その中で大正ロマンを代表する画家の竹久夢二は、東西の名曲・名歌の楽譜の表紙デザインを大正5年より300以上手掛け、大きな脚光を浴びました。本展では、当館所蔵のセノオ楽譜のうち、竹久夢二が手掛けた表紙絵の楽譜110点余りを公開致します。

イベント詳細ページへ

会期

2017年3月25日(土) ~ 7月9日(日)

会場

民音音楽博物館

所在地

〒160-8588 東京都新宿区信濃町8番地

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/4/19

みなさん、おはようございます!喜多方ラーメン坂内PRチームです。 1年ぶりに復活した「ピリ辛香ばし塩ラーメン」。もう食べていただけましたでしょうか?食欲...

2018/4/19

革製品の製造は裁断/革漉き/縫製/仕上げなど様々な工程があり、それらが分業されていることをご存知ですか?今回の特別ワークショップは革製品のものづくりの仕組...

2018/4/18

変化に富んだ四季に恵まれる日本では春の梅や桜、秋の紅葉を楽しむだけではなく、生活の空間に小さな花や草木を取り入れて暮らしてきました。江戸時代には園芸ブーム...

2018/4/18

多くの島々からなる沖縄は、かつては琉球と称され、東アジアを舞台に繁栄した海上王国でした。琉球王国では豊かな風土を背景に、華やかな染織やきらびやかな漆芸、中...

2018/4/18

漆は古代より塗料として日本人の生活の道具に使われてきました。奈良時代になって中国から美しい装飾を加えた漆器が紹介されると、我が国でも金彩を施した蒔絵の装飾...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ