開館30周年記念特別展 柿右衛門展

2017年3月11日 10:00

   <会期中無休/毎週金曜・土曜は20:00まで(入館受付は19:30)> 酒井田柿右衛門家に伝わる「赤絵初りの覚」によれば、初代柿右衛門が赤絵の焼成に成功し、1647(正保4)年には、製品を長崎で売ったといいます。その後1670年頃には「濁手(にごしで)」と呼ばれる乳白色で暖かみのある白磁に、華やかな赤の上絵具を主とした絵付けを施した「柿右衛門様式」と称される作品群が成立します。この柿右衛門様式の作品は、ヨーロッパにおいて絶大な人気を誇りました。しかし、輸出事業の縮小に伴い、「濁手」素地の製法は18世紀のうちに失われてしまいます。 失われてしまった「濁手」素地の製法を戦後に復興したのが、12代・13代柿右衛門氏です。つづく14代柿右衛門氏は先代達よりその技術を受け継ぎながら、写生に依った新しい感覚の作品を制作されました。そして2014年には15代が当代酒井田柿右衛門を襲名され、伝統を守りながらも現代に調和する作品を次々と生み出されています。 開館30周年記念特別展となる今展では、15代酒井田柿右衛門氏の新作をお披露目し、さらに、近現代の歴代柿右衛門氏の優品や、当館所蔵の江戸時代に作られた柿右衛門様式の作品を展示いたします。江戸時代より伝わる技術を継承しながらも、次世代への新しい展開をみせる、柿右衛門のすべてをお楽しみください。

イベント詳細ページへ

会期

2017年4月1日(土) ~ 5月14日(日)

会場

戸栗美術館

所在地

〒150-0046 東京都渋谷区松涛1-11-3

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2017/3/28

ホットカーペットの下へ入り込んだ猫の様子が可愛らしい――こんなツイートが2017年3月12日に投稿された。バカめそれで隠れたつもりか pic.twitte...

2017/3/28

桜の開花の声を聞くころ、毎年と言っていいほど江戸の桜の名所を紹介している。今回紹介する桜の名所は、冒頭画像の浮世絵の場所だ。まっすぐに並んだ桜が満開だ。実...

2017/3/28

仏教美術と聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。代表的なものとして、仏の姿を彫刻や絵画として表した仏像・仏画が挙げられるでしょう。そのほかにもいろいろな...

2017/3/28

森鴎外は、草花を好みました。自邸・観潮楼の庭に植えたたくさんの草花の様子を、日記や『花暦』に記しているほか、作品の中にも数多くの草花が登場します。本展では...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ