昭憲皇太后―慈しみの皇后―

2017年3月 9日 10:16

    明治神宮の御祭神昭憲皇太后が大正3年4月11日に崩御されてから、本年は百三年目となります。未曽有の国難を乗り越え近代国家へと歩みを進めた明治時代。昭憲皇太后は新しい時代の皇后として、日夜国事に精励される明治天皇を内よりお支えになり、常に国民の暮らしの安寧を案じられ、国母陛下と慕われました。その御事績は、女子教育や洋装の御奨励、社会福祉や殖産興業への思召しなど数多く、中でも明治45年、国際赤十字に下賜なされた御手許金を元に創設された「昭憲皇太后基金」は、今日にも受け継がれております。本展覧会は、明治神宮所蔵のおゆかりの品々より、明治天皇とともに遍く世界の平和を祈られた昭憲皇太后の御坤徳を改めて顕彰しようとするものです。

イベント詳細ページへ

会期

2017年3月4日(土) ~ 4月23日(日)

会場

明治神宮宝物殿・宝物展示室(明治神宮 文化館)

所在地

〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町1-1

インターネットミュージアム
東京都 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ