全国に普及するべき? 北海道の「会費制」結婚式はとっても合理的

2015年7月 8日 17:16

「いくら包めばいいのだろうか...」と、結婚式の「ご祝儀」で頭を悩ませた経験はないだろうか。「割り切れる数は縁起が悪い」「2万円はペアだから縁起がいい」など様々なマナーがあることから、「正直、めんどくさいなあ」と思う人もいるのでは?

実は、そんな「ご祝儀問題」とは無縁の地が日本に存在する――。それは、北海道。地域的な習慣として、結婚式は「会費制」が一般的なのだという。

北海道の結婚式はとっても合理的
北海道の結婚式はとっても合理的

北海道民「なんだったら、その場で領収書もくれる」

会費の相場は平均1万5000円ほど。のし袋などに包まず、お釣りが出ないように裸のまま渡すのがマナー。新札を用意しなくても、とくに失礼には当たらないそうだ。なんと、北海道民によれば「なんだったら、その場で領収書もくれる」という。

ツイッターでは、このような「北海道スタイル」の結婚式を羨ましがる人が多いようで、以下のようなコメントが多数見られた。

そもそも、なぜ日本国内で北海道だけ「会費制結婚式」が定着しているのだろうか。現在では、「厳しい開拓時代に、周囲の人たちが少しずつお金を出しあって、結婚のお祝いをしていた名残である」という説が一般的に信じられているようだ。

しかし、実際は、

開拓地である北海道には移民が多く、冠婚葬祭に関する儀礼の歴史的な集積が薄かった。そのため、大正から戦前にかけて日本全国で行われた「冠婚葬祭の簡素化運動」が定着し、会費制の結婚披露宴や金銭の香典返しをしない葬儀が道内で普及した――

というものが、民俗学的には定説らしい。

もちろん、北海道に「ご祝儀」が全く存在しないわけではない。親族など特に近しい間柄の人は、会費とは別にお祝いを用意することもあるそうだ。それも結婚式当日ではなく、事前に渡すのが一般的。これは、式の準備にかかる新郎新婦の負担を減らすといった、合理的な考えに基づいたものだそうだ。

また、結婚披露宴の準備や段取りのほとんどを担当するのは両家(新郎新婦)ではなく、友人や同僚から選ばれた「発起人」。そのため、結婚式は「2人の門出をお祝いしよう」というコンセプトとなる場合が多いという。

新郎新婦の負担が少なく済むのも「会費制結婚式」の大きな特徴。結婚情報誌のゼクシィが2012年に行った調査によると、婚約から新婚旅行までにかかる結婚費用の全国平均は444.2万円だという。しかし、会費制が一般的な北海道内での平均は275.9万円。ほかの地域より150万円以上も低くなっている。この点から、全国でも会費制の結婚式を選ぶカップルが増加しているらしい。

「あるある」の最新記事

2018/6/1 22:00

投稿者のある聞き間違い(?)に「分かる」――こんなツイートが2018年5月16日に投稿され、話題になっている。...

2018/5/16 11:00

中国銀行と言えば岡山県岡山市に本店を置く地方銀行だ。この「中国」は当然ながら「中華人民共和国」の中国ではなく、山陰・山陽をあわせた中国地方の意味。一方で、...

2018/2/7 06:00

投稿者の飼うペットが「あるある」な行動をみせ、「可愛すぎる!」と人気を集めている、こんなツイートが2018年1月27日に投稿され、話題になっている。...

2018/1/30 14:00

写真撮影でみせる「ペットの気持ち」が可愛すぎる――こんなツイートが2018年1月21日に投稿され、話題になっている。...

2018/1/27 11:00

「#関東人にはわからない」というハッシュタグで投稿された、「あるある」ネタが昨年末話題となり、いわゆる大喜利大会のような盛況を呈した。 Jタウンネットで...

東京都 最新記事
2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

2018/6/16

「6月16日は何の日?」そう聞かれた時、皆さんなら何の日と答えるだろうか。調べてみると、「麦とろの日」「ケーブルテレビの日」「無重力の日」「アフリカの子供...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ