埼玉県民「埼京線の終電早すぎ!なんとかしろ」...実は地元に原因が

2014年3月11日 18:04

「ダサイタマ」「埼玉都民」と主に東京人からバカにされ続けた埼玉県人。そんな彼らも今では「東京ほどじゃないけれど、まあまあ発展している」という意識をもっている。

そのターニングポイントとなったのは、大宮駅~赤羽駅間に建設された埼京線の開通だった。1985年の開業当初は池袋駅始発だったが、1986年に新宿駅、1996年に恵比寿駅と徐々に南進し、2002年にはりんかい線経由で新木場駅まで延伸された。東京の繁華街である池袋、新宿、渋谷、お台場まで乗り換えなしでいけるというステータスを得たことによって、沿線にはマンションが続々と建設され人口も増え続けている。

いまや全国有数の混雑路線として知られる埼京線にも弱点がある。それは首都圏の路線にしては終電が早すぎることだ。たとえば、新宿駅の終電は23時55分の川越駅行きで、その列車が池袋駅を0時に発った後は、すべて池袋駅始発赤羽駅行きの電車となる。

JR新宿駅埼京線ホーム(Dick Johnsonさん撮影)
Shinjuku Station

都心と郊外を結ぶ路線の下り最終電車は、おおむね0時40分から1時くらいに主要ターミナルを発つ。埼京線はそれよりも45分ほど早いことになる。

「鉄道ネタ」の最新記事

2017/4/14 17:00

電車に乗っていたら、突如として死を宣告された――こんなツイートが2017年4月2日に投稿され、話題になっている。...

2017/4/3 17:00

2017年4月1日、石川県内のJR3駅、金沢駅、松任駅、小松駅の在来線改札口に、自動改札機が導入された。 ツイッターには同日朝、次のような写真付きのツイ...

2017/3/31 06:00

大阪市営地下鉄・バスを民営化するための議案が、2017年3月28日、大阪市議会で可決された。 ...

2017/3/30 06:00

JR東日本E4系新幹線電車、2編成併結16両編成(Sui-setzさん撮影、Wikimedia Commonsより) 2...

2017/3/29 06:00

2017年3月26日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。 JR貨物が北海道新幹線1周年を祝ってる!!文章がカッコよすぎる!!(...

東京都 最新記事
2017/4/24

「ゆるキャラグランプリ2016」に輝いた高知県須崎市のマスコットキャラクター「しんじょう君」が、十条銀座商店街(東京都北区)の新しい公式キャラクターを決め...

2017/4/24

カルチャー、エンタメ、グルメの3つが楽しめる「ふるさと応援祭2017」が、ゴールデンウィーク(GW)期間中の2017年5月3日から7日までの5日間、東京の...

2017/4/24

投稿者の飼うペットのある姿が「可愛い!」と人気を集めている、こんなツイートが2017年4月13日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんな姿だっ...

2017/4/23

とある駅のタクシー乗り場のシステムが「スゴイ!」――こんなツイートが2017年4月7日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなシステムだったの...

2017/4/23

みなさん、こんにちは。全国スナック名称研究会代表、コラムニストの中丸謙一朗です。全国を放浪している素浪人です。さて、ここに載せた写真はスナックの看板です。...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    -37.50%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    15
    -13.29%
    +36.36%
  3. 3
    16
    190.91%
    +23.08%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(26490)
  2. 2

    ↑(530)
  3. 3

    ↑(16005)
  4. 4

    ↑(4470)
  5. 5

    ↓(2)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ