なぜモスバーガーは台湾で受け入れられたのか 上陸から27年、櫻田会長が現地スタッフに語る

2018年4月 9日 17:00

国内のモスバーガー看板が緑色になって久しいが、海外にはいまも「赤色の看板」が残る地域がある。なかでも出店数が多いのが台湾だ。実はこの地は、モスフードサービス(以下、日本MOS)が初めて海外進出したエリア。櫻田厚会長(66)が海外事業部長だった90年代当時、現地に赴任して、みずから陣頭指揮を執った「思い出の地」である。

キャストミーティングでの記念撮影(以下、2018年3月23日Jタウンネット撮影)
キャストミーティングでの記念撮影(以下、2018年3月23日Jタウンネット撮影)

台湾1号店オープンから27年。同社は2018年3月、台湾の店舗キャストを対象とした「キャストミーティング」を行った。そこへJタウンネットK編集長も同行し、日本発のモスバーガーが、海を越えた台湾で、どのように受け入れられているのか取材した。

「食べてみた」の最新記事

2018/5/17 11:00

みまつ食品「キャベツこんにゃくゼリー」 ギョーザや春巻きなどを作っている中華総菜メーカー「みまつ食品」(群馬県前橋市)は、日...

2018/5/13 11:00

記者が作った「ビルマ汁」 Jタウンネットでは先日、栃木県益子町が将来に伝えていきたい風土や食文化を「ましこ世間遺産」として認...

2018/5/6 17:00

6回に渡ってお送りしてきた、お好みソースと揚げ物の相性を検証した本シリーズ、いかがだっただろうか。記者は、これほど揚げ物を食べ続ける機会が久し振りで、ドー...

2018/5/5 17:00

「お好みソース」のポテンシャルを検証する、ゴールデンウィーク連続企画「お好みソース万能説」。初日に説明した通り、オタフクのお好みソースはデーツ由来のコクの...

2018/5/5 11:00

埼玉・東京を中心に展開する「ぎょうざの満洲」。キャッチフレーズの「3割うまい」とともに、地元住民に親しまれている中華料理チェーンだ。 ...

東京都 最新記事
2018/5/20

「地域金融機関の経営統合については、金融庁による事後的なモニタリングが有効であることを踏まえ、競争当局と金融庁が連携し......」これは有識者による「金...

2018/5/19

地方出身者あるあるといえる現象のひとつが、高校卒業と同時に生まれ育った地域を離れ、大都市の大学に進学、大学卒業後もそのまま就職し、地元に戻らないというパタ...

2018/5/19

本展では、山種美術館が所蔵する江戸時代の浮世絵から近代・現代の日本画まで、水が描かれた作品を厳選し、ご紹介いたします。奥入瀬渓流に取材した奥田元宋(おくだ...

2018/5/19

東京国立近代美術館(MOMAT,千代田区)では、国内最大規模約13,000点の所蔵作品から約200点を厳選して紹介する所蔵作品展「MOMATコレクション」...

2018/5/19

[ドデスカ!‐名古屋テレビ]2018年5月11日放送の「けさの徳ダネ!」のコーナーでは、新施設オープンでニシローランドゴリラのシャバーニも「夏休み」に入る...

注目情報
20180122kitakyushu1.jpg

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ