そういえば「ヒアリ」の話って、どうなったの? 環境省に聞いてみた

2018年2月12日 22:00

「暖かくなると再び動き出すかもしれない」

ヒアリは今もいるのか...?(Stephen Ausmusさん撮影、Wikipedia Commonsより)
ヒアリは今もいるのか...?(Stephen Ausmusさん撮影、Wikipedia Commonsより)

ヒアリが最初に見つかったのが、17年5月、兵庫県尼崎市。

その後神戸市、東京都品川区、横浜市、福岡市、岡山市など12都府県のコンテナを中心に発見され、その度に環境省主導の下、殺虫処分を行ってきた。

環境省のホームページ上の発表によると、8月の埼玉県狭山市での「発見時既に死亡」という報告があり、その後も10月以降、横浜市、広島県呉市で同様の報告が相次いでいる。

こうしてみると、ヒアリは減ったように感じるが、果たして2018年2月時点での調査状況と確認状況はどうなのか、Jタウンネット編集部は2月9日、環境省自然環境局野生生物課外来生物対策室に聞いてみた。

担当者によると、ヒアリの発見は、2017年11月22日に広島県呉市の積荷で確認されて以来、途絶えているという。

この理由について「ヒアリは寒いとウロウロ活動しなくなり、人目のつかない場所でじっとしているからではないか」と話した。

「今後暖かくなると再びヒアリが出現する可能性はあるのか」と聞くと、「暖かくなると動き出す可能性はある」としたうえで、

「これまで、中国南部から出航してきた船内から見つかったことがあります。中国で暖かくなってヒアリが船内に入り、まだ寒い日本に来てじっとしていることも考えられます」

と警戒していた。

調査は現在も行われている。

2月1日に大阪港でトラップを仕掛けるもヒアリの確認は出来なかったが、2月は清水港、名古屋港、北九州港、那覇港でも調査を引き続き行っていくとのことだ。

これまで行ってきた殺虫対策については「ヒアリが見つかり殺虫した後1か月間はトラップなどは仕掛けたままにしていた」という。

今後春が近づくにつれ、またヒアリのニュースが増えるかもしれない。

「特集」の最新記事

2018/2/15 18:00

平昌(ピョンチャン)オリンピック6日目の2018年2月14日、スノーボード男子ハーフパイプで平野歩夢選手(19)が銀メダルを獲得した。...

2018/2/12 22:00

「刺されると激しい痛みに襲われる」として2017年夏頃、全国の港に出現し世間を不安にさせ、話題となった「ヒアリ」。...

2018/1/18 11:00

寒いと外に出たくなくなる。家の中に籠り、食べ物があれば食べる。食べ過ぎたけど寒いから運動はしたくない――。 冬が到来する度、誰もが一度はこんな経験があるの...

2018/1/14 14:00

ブルボン(新潟県柏崎市)のクレープクッキー「ルマンド」をアイスにした「ルマンドアイス」が、2018年2月12日から関東でも発売されることになった。...

2018/1/8 11:00

2017年は、それぞれの地方が工夫を凝らした「ご当地動画」が熱い1年だった。しかし、毎月、多くの動画がアップロードされる中、大きな注目を集めるのはその一部...

東京都 最新記事
2018/2/20

この度、民音創立55周年を記念して、民音音楽博物館では、「人権と音楽」展を開催する運びとなりました。同展は、民音音楽博物館に付属する機関・民音研究所の「平...

2018/2/20

雑誌『MOE』は世界でもめずらしい絵本情報の月刊誌です。日本のみならず海外の絵本作家・児童書作家と信頼を築き、絵本関連の取材に基づく最新情報を発信してきた...

2018/2/20

今回の収蔵コレクション展「春爛漫」では、同館の収蔵作品約800点の中から、春を感じられる作品が紹介されます。毎年恒例となっている三栖右嗣の大作「爛漫」50...

2018/2/19

2018年2月18日、京王電鉄・井の頭線は下北沢駅付近の橋の架け替え工事を行うため、始発から渋谷駅と明大前駅の間の上下線で運休した。当初、午前11時ごろま...

2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ