あなたの「終電寝過ごし」エピソード、教えてください。

2017年9月30日 20:00

仕事や遊び疲れか、深酒をしすぎてか......。移動に鉄道を使う生活をしていると、終電でうっかり寝過ごし、予想外の土地まで行ってしまう、というリスクは誰にでも発生する可能性がある。

目覚めたところは見知らぬ駅。

電車もない状況でどうやって家に帰るか、はたまた今夜の宿をどうするか、明日の予定への影響は......などなど、寝起きの頭を駆け巡る事柄は多いだろう。

あなたの「終電寝過ごし」エピソード、募集します(Hideyuki KAMONさん撮影。flickrより)
JR Amagasaki Station

同僚記者(20代男性)に聞いてみると、こんなエピソードが返ってきた。

「酔っぱらって終電に乗って、目が覚めたら、自宅から30キロ以上離れた駅だったことがありました。翌日も仕事だったので、タクシーで帰ったら、給料1日分が飛んでいきました。とほほ」

彼には、ほかにも失敗談があるようだ。

「お恥ずかしながら、大学時代にも。そのときは『まだ反対方向の電車があるかも!』とあわてて階段を駆け下りたら、派手にコケちゃって。翌朝、痛みで目が覚めると、太ももが数倍のサイズに――。全治1か月のうちみでした」

そんな、あなたが経験した「終電寝過ごし」エピソードを、読者の皆様から募集します。

寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、前後の状況、どう対応したかを含めた具体的なエピソード(500文字~)、使用していた路線、都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業、ハンドルネームを明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)

「読者投稿」の最新記事

2017/12/27 17:00

熊本空港 国内線ターミナル(Banbam1029さん撮影、Wikimedia Commonsより) 今年もあとわずか、読者...

2017/12/23 11:00

「不意に水などをかけられて驚いた」際に発する言葉、あなたの地元にありますか? ...

2017/12/18 17:00

Jタウンネットで2015年、8回にわたって連載した「スーパーの迷惑客」シリーズ。全国各地の読者が遭遇した、とんでもない客のエピソードを紹介したこちらの記事...

2017/10/29 17:00

一気に肌寒くなり、冬の影がちらつき始めた。もう少しすると、「雪」をめぐったトラブルのシーズンになってくる。...

2017/10/12 20:00

ご近所トラブルは意外と、「勘違い」が起きやすい。特に騒音だ。音の出元がわかりにくいので、怒鳴り込んでみたら、思わぬ恥をかくことも......。...

東京都 最新記事
2018/1/23

入口のドア前に「威力業務妨害」しているネコがいます――東京・東池袋のカフェにこんな貼り紙が掲げてあったと、ツイッター上で話題になっている。ドアを開ければど...

2018/1/22

2017年12月19日。東京の上野動物園ではジャイアントパンダ「シャンシャン」の公開がスタートし、予約が殺到したことは記憶に新しいだろう。その競争倍率は4...

2018/1/22

関東甲信地方を中心に2018年1月22日午前から雪が降り、東京都内などに大雪警報が発表された。国土交通省が「不要不急の外出」を控えるよう発表し、帰宅ラッシ...

2018/1/22

2018年1月19日に引退を発表した小室哲哉さんが多摩地区、府中市出身だということは、意外によく知られている話だろう。そのつながりから、2016年12月に...

2018/1/22

2018年1月15日、横須賀市は同市にある「日本遺産」のシンボルキャラクター「逸見(へみ)エモン」が誕生したと発表した。日本遺産とは「地域の歴史的魅力や特...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ