もはや「モンスター嫌煙者」? タバコいじめに悩む人たち...喫煙席でも「吸うな!許せん!」

2015年11月20日 17:00

「タバコで台無しだ、モーニングの代金を払え!」

愛知県のAさん(20代男性・会社員)はある日の午前中、地元の喫茶店に入った。

この喫茶店はタバコOK。Aさんも一応周りには気を付けつつ、ぷかーっと一服していたのだが......。

「ちょっと、何タバコなんか吸ってるの!」

いきなり怒鳴りつけてきたのは、別の席に座っていた中年女性のグループだ。彼女たちは名物の「モーニング」を食べつつ、だらだら長居しながら会話に花を咲かせていたのだが、どうやらAさんがタバコを吸っていることが許せないらしい。

呼びつけた店員さんの目の前で、さんざんAさんを罵倒した上、

「せっかくのモーニングが台無しよ! ここの代金払ってちょうだい!」

とまで言い出した。幸い、店員さんや周りのお客がとりなしてくれ、彼女たちは怒り心頭になりながらも去って行った。

にらみつけられて思わず逃げ出した

確かに吸わない人間からすると、食事中に近くでタバコを吹かされるのは、あまり気持ちのいいものではない。だが禁煙席ならともかく喫煙OKのスペースで、おまけに「代金を払え」とまで来ると、いくらなんでも理不尽なクレーム、モンスタークレーマーならぬ「モンスター嫌煙者」と言っていいかもしれない。

Jタウンネットが調べてみると、ここまで極端でなくとも、似たような経験は少なからぬ人にあるようだ。たとえば埼玉県のBさん(50代男性・会社員)。駅前の喫煙スペースで一休みしながら煙草を吸っていると、近くを通りがかったこれまた中年女性2人組が、聞こえよがしの大声で、

「煙たいわねー」
「喫煙コーナーを、もっと遠くにしてくれないかしら」

などと言いつつ、Bさんの前に立ち止まり、「まるで犯罪者を見るような目つきで」(Bさん談)にらみつけてきたというのだ。あいにく喫煙コーナーには1人きり、気の弱いBさんはもうタバコどころではなく、

「怖くなり、タバコを消して慌てて立ち去りました......」

店員さん、いくら嫌いだからと言って...

別に直接煙たい思いをしようがしまいが、嫌煙者の中にはタバコ、また喫煙者そのものに敵意を隠さない人もいる。岡山県のCさん(30代男性・会社員)が近所のコンビニでタバコを注文したところ、中国人らしい女性店員に露骨に嫌な顔をされたという。

「イラッとしながらも我慢していたんですが、店員はさらにドン!とその場にタバコを置いてレジ打ちを始めたんです。私が思わず『ちょっとさあ』と声を上げると、悪びれることなく『タバコ吸うヤツキライ』と言い返してきました」(Cさん)

さすがに腹が立ったCさんは買うのをやめて店を出ようとしたが、駆けつけてきた店長に謝られ、なんとか怒りを収めたという。もっとも、そのコンビニには二度と行かなかったそうだが。

東京都のDさん(20代男性・会社員)も似たような体験をした。小さなレストランで食事をした後、「灰皿ありますか?」と何気なく尋ねたのだが、とたんに愛想の良かった店主の表情が一変、露骨に嫌~な顔をして使い古しの灰皿を出されたという。

「そこまで嫌なら禁煙と言ってくれよ! 結局、1本だけ吸って店を後にしました」(Dさん)
灰皿巡る騒動。画像はイメージです(i_yudaiさん撮影、flickrより)
Ashtray

子どものために気を遣うのはわかるが

もちろん、嫌煙者にも理屈はある。特に、健康のことを持ち出されると、喫煙者の側にはぐうの音も出ない。とりわけ「子どもへの影響」については、最大限の配慮が必要になる。

もっとも、中には戸惑う体験をした人も――。

「親戚に娘さんが生まれました。生後3カ月のころ、家族と一緒に出産祝いを持って遊びに行ったのですが......」

というのは、秋田県のEさん(20代女性・会社員)。もちろん親戚宅ではタバコを控えていたのだが、いざ赤ちゃんとご対面――の直前、親戚から、

「タバコの臭いがする。服を着替えてほしい」

もちろん、着替えなど持っているわけがない。すると、「じゃあ赤ちゃんは見せられない」。結局Eさんははるばる出かけながら、赤ちゃんの顔を見ずに帰ったのだとか。

無茶苦茶な理屈の妊婦さん

Eさんのケースは、あくまで赤ちゃんの健康を心配しているのだから、親戚の対応も理解はできる。だが、福岡県のFさん(40代男性・自営業)の遭遇した女性は、まさに「モンスター嫌煙者」の領域だろう。

Fさんが彼女に遭遇したのは、大型ショッピングセンターの喫煙室でのことだ。家族の買い物を待ちがてら一服しようと部屋に入ったところ、中には若い夫婦らしい先客が。しかも見ると、女性は妊婦さんである。当人はタバコこそ吸っていないとはいえ、喫煙室に入るのはどうなのか――と思いながらFさんがタバコに火を点けると、つかつか近づいてきた彼女は一言。

「こっちは妊娠しているんだから、タバコ吸うのはやめてくれない?」

そんなこと言ったって、ここは喫煙室だし、一緒にいる男性だってぷかぷか吸ってるじゃないか――と反論したが、それへの返しが凄い。

「連れのタバコの煙は我慢できるけど、あなたのは我慢できないの」

もはや話が通じないと悟ったFさんは、さっさとタバコをもみ消して、喫煙室を後にした。

以上、6人の体験談を紹介した。もちろんここまで極端な事例は珍しいかもしれないが、それは過去にJタウンネットで紹介した「マナーの悪い喫煙者」の側でも同じだろう。お互い思いやりながら、うまいこと「共生」できるといいのだが――。

あなたの「嫌煙者とのトラブル」体験談、募集しています

Jタウンネットでは、あなたや身近な人が体験した「嫌煙者とのトラブル」についての情報を募集しています。寄稿フォームないしはメール(toko@j-town.net)で、該当する言葉とそれに関係するエピソード、お住まいの都道府県、あなたの年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。採用者には、Amazonギフト券300円分を進呈します。

なお、いただいた投稿の一部を改変・編集する場合があります。あらかじめご了承ください。

「読者投稿」の最新記事

2017/8/5 20:00

「最近嫌がらせにあっていて、解決したばかりなのでメールさせていただきました!」――そんな投稿が、編集部に届いた。...

2017/7/31 21:00

当人は平気かもしれないが、周りにとってはいい迷惑なのが「ゴミ屋敷」だ。...

2017/7/28 23:00

第一印象というのは、人間関係を育むうえで大きな影響を与えると言われている。もちろん、第一印象が良かったからと必ずしも仲良くなれるわけではないが、印象を抱い...

2017/7/9 20:00

駐車場以外の場所に堂々と駐車されると、付近の住民にとっては大きな迷惑となる。見知らぬ車がある不安や、騒音など、問題はスペースを圧迫すること以上に広がってい...

2017/6/30 21:00

栃木県のMさん(30代女性・パート)の近所は、権力を振りかざすワンマン社長により、とても「厄介」な場所になってしまったという。 ...

東京都 最新記事
2017/8/24

マフィンを原型にしたお菓子「甘食」。発祥地とされる東京都を中心に、東日本での知名度が高い......というよりも、それ以外の地域だと著しく低い。 浅草の商...

2017/8/24

猪熊弦一郎(1902-1993年)は、百花繚乱の昭和の画壇にあって試行錯誤を繰り返しながらも、常に独自の境地を維持し、極めて個性的な作品群を残した画家です...

2017/8/23

2017年8月に入ってから雨が続いていた東京都で22日、ついに雨が止んだ。「降ってない日あったよね?」と感じる日もあるが、観測地点である千代田区の北の丸公...

2017/8/23

小池百合子東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」(都民ファ)は、タバコ規制を進めようとしているが、影響を受ける業界内では、異論なども出ている。む...

2017/8/23

プレイステーション用アドベンチャーゲーム「追放選挙」の世界を再現した同名の舞台が、2017年8月23日夜から東京都新宿区北新宿の「新宿村LIVE」で始まる...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    -38.78%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    35
    58.37%
    +9.38%
  3. 3
    17
    -68.63%
    +0.00%
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ
ラゾーナ

「日本クイズ協会」代表に聞いてみた

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ