生きたオオグソクムシを産地直送! 静岡県焼津市のふるさと納税がヤバすぎる

2017年12月24日 11:00

オオグソクムシ、獲れたてです!

駿河湾に臨む静岡県焼津市は、焼津漁港で知られる漁業の街だ。焼津市の公式ページによると、水揚量、金額ともに全国トップクラスの規模を誇り、現在はカツオ、マグロなどの遠洋漁業の基地として栄えているという。

国内有数の漁港を有しているため、返礼品はマグロ、カツオ、カニ、サケ、エビなどの魚介類を始め、それらの加工品、お酒などの飲食品から日用品まで幅広い。ふるさと納税のサイトでは「お礼品数日本一!!」と自称するほどである。

そんな焼津市が2017年12月20日に発表したプレスリリースには、深海魚ブームの中で脚光を浴びた「オオグソクムシ」が返礼品として含まれている。1万5000円の寄付をすると、駿河湾で獲れたオオグソクムシ2匹が「生きたまま」届けられるという。もちろん食用......ではなく、カテゴリとしては「ペット」に分類されている。

town20171222110605.jpg

town20171222110617.jpg

40cmを超える「ダイオウグソクムシ」ではなく、7cmほどの「オオグソクムシ」であるということが注意点として挙げられているが、画像からも大きな存在感が伝わる。

低温でないと生存できないためとはいえ、ペット扱いと言いながらも配送方法が「冷蔵」となっているのが面白い。

ページには飼育する際の注意事項が列挙されている。海水を使用すること、水は低温(10度~15度)を保つこと、暗くして育てることなど、気を付けるべき点は多いようだ。

ちなみに、注文を受けてから捕獲に向かう関係で、発送までは3週間ほど必要だという。勢いで注文してしまっても環境を整える時間はじっくりありそうだ。

なお、オオグソクムシは一応食べることが可能で、せんべいは好評なのだとか。

静岡県 最新記事
2018/1/19

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。...

2018/1/18

かつては「絶対に潰れない」とも言われるなど、「安定」の象徴として世に屹立してきた金融機関。しかしバブル崩壊後には北海道拓殖銀行・三洋証券・山一證券が経営破...

2018/1/17

東アジアを中心として、2000年以上の歴史を持つ囲碁。奈良時代には日本にも伝播し、正倉院には碁盤と石が伝えられています。さらに、『枕草子』や『源氏物語』と...

2018/1/17

『駿河東海道おんぱく』体験プログラム『ジャパンブルー』と呼ばれ、古くより日本の人々に親しまれてきた『藍色』。今回は浮世絵にも使われている『藍色』を使い、ス...

2018/1/16

おでんの美味しい季節である。おでんの具材として人気の上位に入るのが「がんもどき」だ。出汁をたっぷり吸った「つゆだくがんも」......、嫌いな人は少ないだ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ