合体アクションが熱い!北海道留萌のご当地合体ロボ「オロロン8」

2014年3月12日 19:52

北海道の留萌地方に、男のロマンをかき立てる新しいタイプのご当地キャラ、というか合体ロボが現れた。

その名は「管内合体ロボ オロロン8」。留萌振興局が発表したもので、8自治体+2島=10機のマシンが合体して1体のロボットに姿を変えている。頭部は戦闘ロボにふさわしい形をしているが、胴体や肩、足などの各パーツは元のデザインが微妙に残っている。

オロロンという名前は日本海に浮かぶ北海道の離島「天売(てうり)島」に生息するウミガラスの別名「オロロン鳥」に由来する。

(c) 2014 留萌振興局/(株)エフエムもえる
(c) 2014 留萌振興局/(株)エフエムもえる

合体ロボを構成する10機は、留萌管内各市町村の特産品などをモチーフにしたご当地キャラや、市町村を代表する建造物がマシン化したものだ。スタイル抜群の美人パイロットがそれぞれ搭乗している。

左脚を構成する「KAZUMOちゃん号」(留萌市)は、元々は数の子をもとに考案された「KAZUMOちゃん」というご当地キャラだ。イラストと着ぐるみはどちらも可愛らしいが、ロボットの方はハードなデザインに様変わりしている。

イラストのKAZUMOちゃん(NPO法人留萌観光協会のウェブサイトより)
イラストのKAZUMOちゃん(NPO法人留萌観光協会のウェブサイトより)
着ぐるみのKAZUMOちゃん(ブログ「★池っちの、あっちこっち旅行記&北海道移住日記★」より)
着ぐるみのKAZUMOちゃん(ブログ「★池っちの、あっちこっち旅行記&北海道移住日記★」より)
KAZUMOちゃん号(留萌振興局のウェブサイトより)
KAZUMOちゃん号(留萌振興局のウェブサイトより)

右足を構成する「しょさんべつ天文台号」は建物をロボット化したパターンだ。初山別村にある日本最北端の天文台「しょさんべつ天文台」の構造をうまく活かしている。

しょさんべつ天文台(ブログ「昔の名前でやってません」より)
しょさんべつ天文台(ブログ「昔の名前でやってません」より)
しょさんべつ天文台号(留萌振興局のウェブサイトより)
しょさんべつ天文台号(留萌振興局のウェブサイトより)

ウェブサイトで公開されている動画では、その「合体」の様子が映し出されている。ロボットアニメや特撮ヒーローに憧れた人なら思わず胸が熱くなりそうなギミックがかっこいい。

が、合体したオロロン8は何かと戦うでもなく、港にぽつねんと立ち尽くすだけだ。海鳥が鳴く声がさびしく響く。今後、オロロン8はどんな活躍を見せるのか。引き続き注目したい。

)
(3月13日追記)原稿に一部誤りがあり訂正させていただきました。
8機→10機
お詫びいたします。

「アニメ・漫画」の最新記事

2018/3/8 14:00

投稿者が見かけたタンクが、あるものに「そっくり!」――こんなツイートが2018年2月9日に投稿され、話題になっている。...

2017/9/27 11:00

すっかり東京名物と化した、お台場の実物大ガンダムの2代目となるユニコーンガンダムが、2017年9月24日から一般公開された。 ...

2017/9/7 17:00

思わず惹かれ合う!?山道で見かけた飛び出し注意の看板がどう見てもあのスタンド使い――こんなツイートが2017年8月15日に投稿され、話題になっている。...

2017/8/31 17:00

2017年8月31日、バーチャルシンガー「初音ミク」が誕生から10年の節目を迎えた。ニコニコ動画で人気に火が付きブームを生み、ホログラムでステージに出演す...

埼玉県 最新記事
2018/6/18

大阪府をはじめ関西地方を、通勤・通学の時間帯に大きな地震が襲った。気象庁の発表によると、2018年6月18日7時58分頃、大阪府北部を震源とした最大震度6...

2018/6/17

日本は高齢化が進んでいるが、元気なお年寄りは増えている。地域のために「生涯現役」で活躍していただくのは大変ありがたいことだ。しかし、世代交代となると、なか...

2018/6/17

2019年4月末に天皇陛下が退位し、翌5月1日、新天皇の即位に伴い、元号は変わる。今の元号「平成」と名がつく月日は、2018年で終わることになる。ツイッタ...

2018/6/16

徳島県で毎年8月に行われる伝統芸能「阿波おどり」で、2017年まで行われていた「総踊り」を18年は行わない、と各メディアや公式サイトで伝えられた。例年、一...

2018/6/16

漢字の読み書きなどの能力を計る、漢字能力検定(通称「漢検」)。2018年6月12日、その17年度都道府県別合格率が、日本漢字能力検定協会(京都市)から発表...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ