まさにリアル「ムーミン谷」! 雪の日、飯能の公園で撮影された写真が美しい...

2016年11月29日 17:35

ある場所で撮影された画像に、「美しい!」と称賛――こんなツイートが2016年11月24日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな画像だったのか、確認してみよう。

これは埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」で撮影された、雰囲気のある絶景をUPしたものだ。この公園は"ムーミン谷公園"とも呼ばれており、ムーミン屋敷や水あび小屋などムーミン童話の世界観を忠実に再現した施設となっている。関東各地で雪が降った24日、この「ムーミン谷公園」にも積雪が。画像には屋根を雪で覆われた水あび小屋や霞がかったムーミン屋敷など、本当におとぎ話の世界に迷い込んでしまったかのような幻想的な風景が広がっている。これには「ここはいつ行ってもいい場所ですよね(*^^*)」「綺麗過ぎ」など、美しさを絶賛する声や思わず感動してしまう人も続出している。

あけぼの子どもの森公園(Hiroyuki Naitoさん撮影、Flickrより)
ムーミン谷

このツイートには、こんな反響が。

本当にステキな景色ですね~!まさに本とか漫画で見るような風景で、ムーミンにも会えそうな気がしちゃいます(笑)。(ライター:a rainbow)

「話題の画像」の最新記事

2017/5/30 17:00

とある駐車場の貼り紙が江戸っ子すぎる! ――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/29 17:00

ドアの前でジッとこちらを見てくるフクロウが可愛い――こんなツイートが2017年5月23日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/29 11:00

とある販売機に表示されたフレーバーが「凄すぎる!」――こんなツイートが2017年5月21日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/28 21:00

人に対して警戒心がない上に、すり寄ってくるスズメ達の可愛さに語彙力が失われる――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/28 17:00

ある野菜のみせた表情が「可愛いすぎる!」――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。...

埼玉県 最新記事
2017/5/30

スナック菓子「カール」の話題が波紋を広げている。全国販売されている「チーズあじ」と「うすあじ」が関西地域以西のみでの販売になり、「中部以東」での販売は中止...

2017/5/30

最近めっきり暑くなったせいか、のどが渇いたら吸い込まれるようにコンビニへ行き、いつも決まって好物のアイスコーヒーを購入する。コーヒーの容器を持ち、レジ待ち...

2017/5/27

関東地方と首都圏。この2つの言葉の意味する内容の違い、あなたは分かりますか? 名前が違う以上、指し示す内容も異なるはずだが、明確な違いにはいまいちピンと来...

2017/5/27

スティーヴン・スピルバーグ氏が映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(BTTF)」(ロバート・ゼメキス監督、1985年)を世に送り出し、同映画に登場するタイ...

2017/5/26

2016年11月30日、理化学研究所(埼玉県和光市)が発見した113番目の元素の正式名称が「ニホニウム」に決定し、新元素の発見というアジア初の快挙に日本中...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    50.00%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    2
    -58.33%
    +100.00%
  3. 3
    20
    -57.54%
    +42.86%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(2)
  2. 2

    ↑(8)
  3. 3

    ↑(21)
  4. 4

    ↑(1318)
  5. 5

    ↑(41)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ