まさにリアル「ムーミン谷」! 雪の日、飯能の公園で撮影された写真が美しい...

2016年11月29日 17:35

ある場所で撮影された画像に、「美しい!」と称賛――こんなツイートが2016年11月24日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どんな画像だったのか、確認してみよう。

これは埼玉県飯能市にある「あけぼの子どもの森公園」で撮影された、雰囲気のある絶景をUPしたものだ。この公園は"ムーミン谷公園"とも呼ばれており、ムーミン屋敷や水あび小屋などムーミン童話の世界観を忠実に再現した施設となっている。関東各地で雪が降った24日、この「ムーミン谷公園」にも積雪が。画像には屋根を雪で覆われた水あび小屋や霞がかったムーミン屋敷など、本当におとぎ話の世界に迷い込んでしまったかのような幻想的な風景が広がっている。これには「ここはいつ行ってもいい場所ですよね(*^^*)」「綺麗過ぎ」など、美しさを絶賛する声や思わず感動してしまう人も続出している。

あけぼの子どもの森公園(Hiroyuki Naitoさん撮影、Flickrより)
ムーミン谷

このツイートには、こんな反響が。

本当にステキな景色ですね~!まさに本とか漫画で見るような風景で、ムーミンにも会えそうな気がしちゃいます(笑)。(ライター:a rainbow)

「話題の画像」の最新記事

2017/2/24 11:00

投稿者の見かけたトイレマークが、ある大物歌手に見える――こんなツイートが2017年2月13日に投稿され、話題になっている。...

2017/2/23 17:00

長崎バイオパークのカピバラ(kashikiさん撮影、Flickrより) 2017年2月18日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。 ...

2017/2/22 17:00

大阪の有名な豚まんで、奇跡のような画像が撮れた――こんなツイートが2017年2月9日に投稿され、話題になっている。...

2017/2/22 11:00

温水トイレのパネルが摩耗してしまってボタンの説明がほぼ分からない――こんなツイートが2017年2月13日に投稿され、話題になっている。...

2017/2/21 17:00

光の道 夕陽の祭(宮地嶽神社ウェブサイトより) 人気アイドルグループ「嵐」が登場したCMで一躍話題になった「光の道」、...

埼玉県 最新記事
2017/2/24

埼玉県越谷市の「イオンレイクタウンmori 水の広場」で2017年2月23日から、健康について学べる「よみうりヘルスケアフェスタ」が開催されている。イベン...

2017/2/24

Jタウンネット編集部です。2017年2月26日、「デイリーポータルZ」さんの主催で、「ウェブメディアびっくりセール」というイベントが開催されます(京急蒲田...

2017/2/24

元ネタ:スタバが多いほど都会って本当?地域別店舗数を比較してみたこれまでの連載はこちら。筆者:森キノコ絵とかマンガとか描いてます。 らしんばんにて4コマ隔...

2017/2/24

お祭りの屋台でよく見かける「イカ焼き」、イカを丸ごと焼いた素朴でシンプルな料理だが、やわらかく弾力性に富んでいて、なんとも美味だ。ところがこの「イカ焼き」...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    2
    10年平均比
    300.00%
    前週比
    +100.00%
  2. 2
    14
    -21.35%
    +40.00%
  3. 3
    25
    -41.31%
    +25.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    ↑(104)
  3. 3

    ↑(1756)
  4. 4

    ↑(6)
  5. 5

    ↑(14)
注目情報
黒塀横丁

啓翁桜と桜メニューが満開「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」

福島復興動画

今も続く復旧・復興へ取り組む若者たちの本音とは......

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ