【帰省ドクモ】埼玉県・三浦あすかさん

2014年1月15日 20:35

「ドクモたちが、地元について教えてくれました! 年末年始、帰省中のお話も。」

名前
三浦あすか(ミウラアスカ)
誕生日
7月12日
趣味・特技
趣味 お菓子作り
愛犬と戯れる

特技 テニス
ブログ

地元の好きなお店

イオン

地元の好きな場所

公園

年末年始は誰と、どこで過ごしましたか

家族と家で過ごしました。

ご当地の年越しそば、おせちなどの特徴は?

家族の好きな物を買ってきて食べる!

初詣にはどちらに行きましたか?

川越の喜多院に行きました。

初売り(初買い)はどこに行きましたか

池袋のINGNI

地元の好きな飲食店に行きましたか

三芳のパーキング

地元の魅力を地元の方言でアピールしてください。

何にもない埼玉県ですが川越には昔の食べ物や昔にタイムスリップした感じがする町なので来てください!
紫芋がオススメ?


「ご当地ドクモ大使」大募集!

"地元密着型読者モデル"として才能を発揮したい方、お待ちしています。


   「ご当地ドクモ大使」は、全国47都道府県を代表する新しい形の読者モデルです。地域密着型情報サイト「Jタウンネット」では、日本最大約4000名の人気読者モデルが在籍する「Dokumo Cafe(ドクモカフェ)」と連携し、あなたの出身地で活躍する「地元密着型読者モデル」を募集しています。地元での様々なイベントとコラボして、定期的にオーディションを開催します。

   ご当地グルメ、ご当地アイドルなど、ローカル情報を発信する取組みが増えています。あなたが愛する地元の情報を、あなたらしいやり方で発信する「ご当地ドクモ大使」に挑戦してみませんか?

   グルメにショッピング、おでかけにおさんぽなど、日本国内には魅力的なコンテンツがたくさんあります。それを掘り起こして地元の人たちと共有し、全国レベルにまで押し上げてもらえる人を募集しています。

   あなたの発信する情報が地域の魅力を盛り上げます。地域を大切に思い、キレイ、カワイイを大切にしながら、それぞれの夢の実現を目指して頑張っている「ドクモ大使」を地域のみなさんも応援しています。エントリーは簡単。下記サイトからご登録ください。

申込み先
Dokumo Cafe(ドクモカフェ)
運営会社
株式会社デジタルプロモーション
住所
渋谷区代々木3-1-11 パシフィックスクエア代々木2階
電話
03-4405-7124
MAIL
info@dokumocafe.jp
申込フォーム
ご当地ドクモ大使エントリー
担当
青山
埼玉県 最新記事
2017/8/23

秋の味覚は数多いが、中でも香り、味、そして音で風情を感じさせるのは「焼き芋」ではないだろうか。「いしやぁ~きいも~」というあのメロディが聴こえると、たとえ...

2017/8/22

投稿者が貰ったお土産が「ヤバすぎる!」と注目を集めている、こんなツイートが2017年8月12日に投稿され、話題になっている。ではここで、実際どんなお土産だ...

2017/8/21

クレヨンしんちゃんの飛び出し注意のイラストが恐ろしい見た目になっている――こんなツイートが2017年8月9日に投稿され、話題になっている。ヒエッ... p...

2017/8/21

「たぬき」といえば...(Nullumayulifeさん撮影、Flickrより)関東では、油揚げがのったうどんを「きつねうどん」、天かすがのったうどんを「...

2017/8/19

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。東京にあるJタウン研究所としては、7月の猛暑から一転し...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    3
    10年平均比
    11.11%
    前週比
    +200.00%
  2. 2
    298
    1273.27%
    -3.87%
  3. 3
    1527
    139.68%
    -18.78%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ