「さいたま市は大阪人にとっての滋賀みたいなもん」説は本当か

2014年10月16日 19:20

埼玉県は、人口と県内総生産額がともに全国5番目の大きな県だ。地味だ地味だと言われつつ、シンガポールやフィンランドを若干下回るものの、チリやイスラエル、ポルトガルの国内総生産をも上回る。

北関東や東北、信越地方の人は、埼玉に「首都圏の北の玄関口」的なイメージをもっていたりする。これが東海から西に住む人になると、「埼玉」と聞いても何も思い浮かばないことが多い。

日本経済を長らくリードしてきた商都・大阪。その住民の目には埼玉はどのように映るのか。
さいたま観光国際協会が運営する「もぎたてさいたま情報ブログ」に、興味深い記事が掲載されている(参照:さいたま市の背中(76)『大阪市民とってのさいたま市は滋賀』)。

この記事の執筆者は観光国際協会のボランティア。大阪勤務の女性同僚にさいたま市に対する印象を尋ねたところ、

「さいたま市かぁ...。なんかね、大阪でいう滋賀ってイメージ?」
「そうつまり大阪のベッドタウン」

という答えが返ってきたという。

執筆者は「へぇ、そこら辺の距離感って分かりませんね。でもさいたま市は大阪県民にとっての滋賀県。これ、新発見です」と結論づけた。

大津湖岸なぎさ公園(hazuijunpeiさん撮影、Flickrより)
大津湖岸なぎさ公園
岡山県 最新記事
2018/5/27

先日「お好みソース」の話を色々としたが、今回は「ウスターソース」の話をしたい。そもそもはイギリスのウスターシャーで云々......という話は脇に置いておき...

2018/5/26

「前略、僕は日本のどこかにいます。」――。一言ながら、見た人の心をつかむようなキャッチコピーと共に写るのは、中央に2つの待合ベンチがぽつんと置かれたホーム...

2018/5/26

近畿日本鉄道は2018年5月15日、車輪の左右間隔を軌間(レール)に合わせて自動的に変換し、幅の異なる軌間を直通運転できる電車「フリーゲージトレイン」(以...

2018/5/26

文化庁は2018年5月24日、有形、無形の文化財をテーマでまとめ地域の魅力を発信する「日本遺産」に、新たに13か所を認定したと発表した。北は北海道から、南...

2018/5/26

日本大のアメフト部の選手が関西学院大の選手にラフプレーをしたとして、波紋を呼んでいる。ところでこの関西学院大、関西の私大群「関関同立」のひとつである。 「...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ