仙台市民に波紋、広瀬通の「イチョウ」ついに伐採

2017年1月 4日 07:02

[OH!バンデス-宮城テレビ]12月21日の放送では、市民への説明が不十分として延期となっていた青葉区の広瀬通のイチョウの伐採が始まったという話題が放送されました。

広瀬通のイチョウ。2010年(Noriko YAMAMOTOさん撮影、Flickrより)
広瀬通

広瀬通のイチョウをめぐっては、渋滞緩和のために仙台市が当初今年3月から伐採を開始する予定でしたが、市民への説明が不十分として延期を余儀なくされていました。

伐採されるのは中央分離帯に立つ12本のうちそのまま残す1本と近くに移植する1本を除く10本で、21日にはこのうち1本をクレーンで吊り上げながら根元に向かって少しずつ切断し、3時間ほどかけて撤去していきました。

青葉区役所の佐藤良一区長によりますと、「今後の仙台の街の発展にとって、この度の道路整備は不可欠で、これまで時間がかかりましたがようやくイチョウの撤去が始まったということで、これからさらに道路整備を進めていきたいと考えている」と話していました。

仙台市では、2017年中旬までに伐採を完了させ、来年6月までに道路の拡幅工事を終えたいとしています。(ライター:長沢あきこ)

宮城県 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/17

2018年、ロサンゼルス・エンゼルスの一員としてメジャー・デビューを果たした大谷翔平選手は、投手として2勝を上げ、打者として3試合連続本塁打と、衝撃的なス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ