1位鹿児島県、2位石川県、3位大分県...さて何のランキング?

2016年6月 2日 06:00

NTTタウンページ(東京都港区)はタウンページデータベース(職業別電話帳データ)を活用し、毎月独自の都道府県ランキングを発表している。第58弾となる2016年5月のテーマは「生花店」だ。

花は必需品ではないうえ、贅沢品ととらえられることもあり、花を買う習慣がない人も多い。生花店の登録件数はこの10年で2万8264件から2万1309件へと減少しており、スーパーやインターネットで購入する人が増えていることも要因ではないかという。

職業分類「生花店」の登録件数推移(2006‐2015年)
職業分類「生花店」の登録件数推移(2006‐2015年)

人口約10万人当たりの登録件数でみると、生花店の数が多いのは1位鹿児島県(28.06件)、2位石川県(26.64件)、3位大分県(23.83件)となっている。続いて山梨県、長崎県、宮城県、北海道とかなり分散していて地域的な偏りは見られない。

「生花店」の人口約10万人当たりの登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2015年)
「生花店」の人口約10万人当たりの登録件数による偏差値の都道府県ランキング(2015年)

1位の鹿児島県は10年以上にわたり首位の座をキープ。日本一墓参りを欠かさない県といわれており、墓地に行くと盆や彼岸でなくてもいつも花が手向けられているという。仏壇も同様で、枯れたら新しいものに生け直す。先祖を大事にする県民性が花に親しむ機会を増やしているといえそうだ。

2位の石川県では県を挙げて、「エアリーフローラ」という7色のフリージアを開発しており、2013年には年間を通じて優れた品種に授与される日本フラワー・オブ・ザ・イヤー特別賞を受賞している。九谷焼という器の文化や美意識の高さから、自然と花を生けようと思うのかもしれないと分析している。

3位の大分県はキク、バラ、ホオズキなどの全国有数の産地となっている。冬期温暖な沿岸部や高冷地に準ずる冷涼な内陸性気候の気象条件をいかした栽培により産地を拡大したためで、身近に花がある環境が当たり前なのかもしれないという。

上位の理由がこれだけ異なるのを見ても、生花店の数の多さに地域的な偏りがないのも納得の結果となった。

鹿児島県 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/17

2018年、ロサンゼルス・エンゼルスの一員としてメジャー・デビューを果たした大谷翔平選手は、投手として2勝を上げ、打者として3試合連続本塁打と、衝撃的なス...

注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ