鹿児島銘菓「かるかん」、原料不足でピンチ? 地元企業に問い合わせてみると...

2016年12月 8日 11:00
かるかん(Σ64さん撮影、Wikimedia Commonsより)
かるかん(Σ64さん撮影、Wikimedia Commonsより)

鹿児島県の銘菓「かるかん」をご存じだろうか。自然薯をたっぷり使い、蒸し上げた和菓子である。

今から300年ほど前、元禄時代、島津家の第二十代、島津綱貴の50歳の祝いの席に用いられたという記録も残されているが、島津家の婚礼・年始・賀儀などのハレの日に登場した格式高いお菓子だ。「軽い羹(羊羹)」という意味から「かるかん」と呼ばれるようになったとも伝えられている。

この「かるかん」、現在では鹿児島を代表するお土産の一つで、空港や駅の売店でもっとも目立つ場所に並べられている。他にも魅力的なお土産は多々あるものの、とりあえず「かるかん」さえ買っておけば、まず間違いない定番人気商品だ。

ところが11月末から、新聞などでこのかるかんの製造が「ピンチ」という報道が複数出た。原料となる自然薯が不作となり、結果として値上げや、販売を見合わせるなどする店が出ているというのだ。

鹿児島県 最新記事
2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/19

メロンパンが好きな人は多い。パン生地の上に甘いビスケット生地(クッキー生地)をのせて焼いた、日本発祥のパンだ。カリカリとした食感で、たしかに甘いが、けっし...

2018/1/19

北海道では「手袋をはく」という言い方が一般的だという。2011年の国立国語研究所の調査によると、幅広い世代で7割以上が「手袋をはく」を使っていたとのこと。...

2018/1/18

かつては「絶対に潰れない」とも言われるなど、「安定」の象徴として世に屹立してきた金融機関。しかしバブル崩壊後には北海道拓殖銀行・三洋証券・山一證券が経営破...

2018/1/16

おでんの美味しい季節である。おでんの具材として人気の上位に入るのが「がんもどき」だ。出汁をたっぷり吸った「つゆだくがんも」......、嫌いな人は少ないだ...

注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ