ミュージアム情報 香川県

ミュージアム情報

2018/5/30

猪熊弦一郎(1902−1993)は70年に及ぶ画業のなかでも主に1970年頃に発表した「Landscape」と題した抽象画と、「顔」をシンプルに描いた晩年...

2018/5/30

丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(愛称:MIMOCA(ミモカ))は丸亀市ゆかりの画家・猪熊弦一郎(1902−93)の全面的な協力のもと、1991年に開館しました...

2018/5/29

東山魁夷(1908-1999)の生誕110年にあたって、当館所蔵の日本画作品(本制作)7点、「月宵」「タ凪(朝涼)」「緑渓」「松庭」「ウプサラ風景」「エル...

2018/4/28

当館収蔵品を中心に、郷土書籍、個人蔵書、写真・スケッチ・研究ノートなどを展示・紹介します。 また、郷土史に関連する古い書物を閲覧することができる期間限定図...

2018/4/25

琴平に生まれ、漫画を描き、小説家として一世風靡。そして、讃岐民芸に尽くし、デザイナー、画家として生きた人物。名前は(あまり)有名でないけれど、香川のあれも...

2018/4/3

高松市にある明治元年創業「朝倉彫刻店」の職人による展覧会を開催します。現在、香川県の伝統的工芸品に指定されている「欄間彫刻」は、通風や採光のために欄間に彫...

2018/3/20

2018年4月をもって瀬戸大橋開通30周年となるのを記念して、春の特別展「せとうち気分一多島海を描く」を開催します。東山魁夷は香川県櫃石島(ひついじま)出...

2018/3/8

日本人の詩人野口米次郎を父に、アメリカ人の作家レオニー・ギルモアを母に持つ20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチ(1904-1988年)。ノグチは、彫刻...

2018/2/23

日時:平成30年3月3日(土)10時~11時30分場所:香川県高松市昭和町1丁目2-20   サンクリスタル高松3階 第2集会室講師:太田絵美子氏(芸術士...

2018/2/21

2006年に始まった高松国際ピアノコンクール。世界の一流音楽家とのふれあいの場を創る芸術イベントとして、若者が自己の成長に向けた夢と目標を育む音楽コンクー...

2018/1/26

テーマ作品展は、東山魁夷(1908-1999)の版画を中心とする当館所蔵作品の中から、季節や画題、取材地などのテーマに基づいて作品を選び紹介する所蔵作品展...

2018/1/25

音響作家の荒木優光は、音を基軸に作品を制作し多様な活動を展開しています。自身が出演するパフォーマンスや、映像と組み合わせたインスタレーションでは音を「聞く...

2018/1/18

 江戸時代後期の高松城下に、亀井東溪という画人がいたことをご存知でしょうか? 幼少時から画の才能があった彼は、京坂の地や長崎で学び、南蘋派の画法に影響を受...

2017/12/23

荒木経惟(1940- )は、1960年代半ばの活動の初期から現在まで、都市、人、花、空、静物といった被写体をどれも特別視することなく等しく日常のこととして...

2017/11/28

【1階展示室】日月星辰/天空のもとで描く天空を彩り天地を照らす、太陽、月、星が描かれた作品を展示します。輝かしい朝日や、山の端にかかる月など、刻一刻と変化...

2017/11/28

日本伝統工芸展は、歴史・芸術上特に価値の高い工芸技術を保護育成するとともに、先人から受け継いだ優れた技術を一層練磨し、今日の生活に即した新しいものを築き上...

2017/10/31

行楽には旬の食べ物を詰め込んだ「お弁当」も楽しみのひとつ。竹の皮から始まり、ワッパや竹で編んだ柳行李の箱、美しい工芸品や季節の行事や祭りの専用の箱など、弁...

2017/9/22

今から1000年以上前の「古代」は、讃岐にとってどのような時代だったのでしょうか?讃岐国府跡をはじめとした古代遺跡の発掘調査、文献資料の再検討から、今まで...

2017/9/20

魁夷は、自己の画風を求めて山河をめぐり、多くの題材を信濃に求めました。本展では、長野県信濃美術館の協力を得て信濃の山々やその暮らしが見える作品と魁夷の風景...

2017/9/16

丸亀城築城420年を記念して、名刀ニッカリ青江をはじめ、備中国の青江派の刀工が作刀した刀剣4口や、甲冑、陣羽織などを展示します。装いにこめられた武士の精神...

注目情報
北九州市

レトロな建造物から角打ちまで。市政55年を迎えた北九州市を紹介!

Jタウンチャンネル
バイク買取販売店「バイクパッション」
バイク買取販売店「バイクパッション」
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ