弱っている猫を保護→数カ月後、そこには超元気になった猫の姿が...

2017年1月11日 17:00

救出した猫が、驚くような変身を遂げた――こんなツイートが2017年1月8日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どうなったのか、見てみよう。

投稿者の妹さん夫婦は先日、車の下で1匹の猫を救出し、飼い始めることにした。救出から何カ月か過ぎ、すっかり元気になった猫。部屋の中を跳ね回り、写真にも写らないほどのスピードを発揮するようになった。対照的なのは、その姿を後ろから見守っている、元々飼われていた猫だ。投稿者の言う通り、あまりの元気さにちょっと「引いている」ように見えなくもない。


救出され元気になったのは喜ばしいことなのだが、動きが速すぎるあまり、撮影しても残念ながらブレた残像のようになってしまうという。これを見て「アクティブw可愛いすぎww」「元気そうで何よりw」と癒されたり、回復した様子に安心する人も多かったようだ。

このツイートには、こんな反響が。

本当に元気過ぎるくらい回復して、何よりでした!あまりの速さに、もともと居た猫ちゃんも驚いているのかもしれませんね(笑)。どちらも可愛すぎます!!(ライター:a rainbow)

「話題の画像」の最新記事

2017/5/25 21:00

人気アイスクリームは、ある植物から生まれていた(?)――こんなツイートが2017年5月15日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/25 17:00

満員電車の辛さがヤバいほど分かる画像がUPされ、注目を集めている、こんなツイートが2017年5月13日に投稿され、話題になっている。...

2017/5/25 06:00

2017年5月23日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。 朱里、愛梨、あーやんとハーベストの丘に行って来たヽ(`oωo´*)ノ...

2017/5/24 17:00

2017年5月3日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。 あまおうへの情熱がすごすぎる伊都きんぐってお店の「あまゴリ」が衝撃的す...

2017/5/24 11:00

出れないだろうと思った穴から、あっさり出てくる猫の様子が可愛らしい――こんなツイートが2017年5月16日に投稿され、話題になっている。...

香川県 最新記事
2017/5/26

Jタウン研究所では、「小麦粉団子を入れた汁物」の呼び名について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数962票、2017年4月14日~5月22日)。...

2017/5/24

2017年5月23日に放送された、TOKYO MX「5時に夢中!」で、北斗晶さんが、カツカレーについての持論を披露した。読売新聞23日付夕刊の記事「カツカ...

2017/5/22

眞子さまのご婚約報道に関連して、渋谷駅前で街頭インタビューに応じた、とある男性が話題になっている。受験期に眞子さまの写真を、携帯電話の待ち受け画面にしてい...

2017/5/21

こんばんは。暁の素浪人(←意味不明)・コラムニストの中丸謙一朗です。さて、本日も「全国スナック名称研究会」(全ス研)、研究発表の第3弾!スナック珍名さん!...

2017/5/20

「『給食のご飯がアルミのパックに入ってるのは静岡だけ』って聞いたけど、マジで?」ツイッターで2017年5月17日、こんな声が上がり、「リツイート」2万、「...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    13
    10年平均比
    1081.82%
    前週比
    +116.67%
  2. 2
    29
    107.14%
    +61.11%
  3. 3
    88
    138.48%
    +60.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(5)
  2. 2

    ↑(8)
  3. 3

    ↑(4)
  4. 4

    ↑(7)
  5. 5

    ↑(11)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ