兵庫県

トピックス

高倉健ドキュメンタリー「健さん」監督の日比遊一 神戸で2017年2月25日、写真展を開催

2016/12/26

イメージ写真KOBE 819 GALLERYでは2017年2月25日~3月5日、ニューヨーク在住の映画監督兼写真家・日比遊一の写真展「A WEEKEND ...

あずきバー×刀鍛冶の町・関市 「固い絆」で「刃物まつり」に出店

2016/10/7

日本一の刃物の町として知られる岐阜県関市は、2016年10月8、9日に開催される「第49回岐阜県関市刃物まつり」で人気アイス「あずきバー」の井村屋とコラボ...

浦和レッズのサポーター同士でカップルになろうよ! 「レッズランド」で婚活イベント開催

2016/8/24

さいたま市桜区にある、サッカーJリーグ・浦和レッドダイヤモンズ(レッズ)が創設した総合スポーツクラブ「レッズランド」は2016年9月22日、施設内のデイキ...

ディズニーは恒例、夏祭りとサマーフェス"W開催"

2016/7/16

「彩涼華舞」スタート!東京ディズニーランド(TDL)、東京ディズニーシー(TDS)など2つのパークを中心にした東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市...

終身名誉司会・歌丸トークショーも 横浜で「笑点」特別記念展8月3日~15日

2016/7/13

スペシャルトークショー開催1966年5月に放送スタートし50周年を迎えた「笑点」(日本テレビ系)。レギュラー出演者、司会者として国民的演芸番組への成長に大...

ご当地おでかけ掲示板

もっとみる

ご当地のエンタメ施設を写真つきでお待ちしています

ミュージアム情報

全国の美術館・博物館情報を網羅しています

提供:インターネットミュージアム

新収蔵品展 松谷武判・正延正俊・二見彰

2017/2/23

2015(平成27)年度に新たにコレクションに加わった油彩画、版画など3作家の19点を紹介します。 併催の館蔵品展では、フランスと日本の近代の油彩画を中心...

特別展「新宮晋の宇宙船」

2017/2/20

兵庫県三田市にアトリエを構える新宮晋(1937-)は、風や水など自然の力で動く作品で世界的に知られる芸術家です。幼い頃から絵や工作が得意だった新宮は、東京...

「兵庫県で見つかる『トリュフ』の仲間」

2017/2/18

キノコは地上にはえるものばかりではなく、中には一生のほとんどを地面の下で過ごすキノコもあり、それらは地下生菌と呼ばれています。地下生菌の中では、クロマツ(...

ミニ企画展 ひとはく研究員展2017「ひとはくの今」

2017/2/11

展示室の裏側にある研究室ではどんなことが行われているのか。来館者の方々に直接見ていただくことは出来ないが本当は博物館の肝としての活動である博物館の研究員が...

ミニ企画展「淡路島の和泉層群北阿万層の化石調査」

2017/2/11

人と自然の博物館の連携活動グループとして活動している兵庫古生物研究会は会員22名で、兵庫県内を中心に化石調査を行っています。本会は発足以来、主要事業として...

コンサート・イベント情報

地元の主要コンサート・イベントをピックアップ

Powered by チケットぴあicon

検索結果が0件でした。

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    11
    10年平均比
    -14.06%
    前週比
    +83.33%
  2. 2
    20
    8.70%
    +81.82%
  3. 3
    12
    421.74%
    +71.43%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(66)
  2. 2

    →(2)
  3. 3

    ↓(1)
  4. 4

    ↑(18)
  5. 5

    ↑(2371)
注目情報
黒塀横丁

啓翁桜と桜メニューが満開「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」

福島復興動画

今も続く復旧・復興へ取り組む若者たちの本音とは......

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ