寒い冬の「サル団子」 淡路島モンキーセンターのはひときわ大きいぞ!

2018年2月 3日 17:00

淡路島洲本市にある淡路島モンキーセンターの「サル団子」が話題になっている。

「サル団子」とは、野生のサルが一カ所に密集し、体を寄せ合い団子状態を作って、寒さをしのぐこと。淡路島の「サル団子」はひときわ大きい、と評判だ。いったいなぜそんなに大きな「サル団子」ができるのか? Jタウンネット編集部は淡路島に電話して話を聞いてみた。

サル団子ができるのは「冬の、曇り空で風が冷たい夕方」

サル団子(画像提供:淡路島モンキーセンター)
サル団子(画像提供:淡路島モンキーセンター)

電話で答えてくれたのは、淡路島モンキーセンターの延原利和所長だった。

「淡路島モンキーセンターは、淡路島南東部に生息する約300匹の野生のニホンザルを餌付けして、サルとのふれあいを楽しむ施設です」と延原所長。1967年オープンして、約50年営業を続けている。

野生のサルは朝9時頃に山から下りてきて、夕方17時頃になると山に帰るという。エサは小麦、大豆、サツマイモなどで、ときどき季節のフルーツを混ぜているそうだ。

「サル団子ができるのは、曇り空で風が冷たい夕方ですね。お昼頃、気温が上がった後、夕方近くになって、ぐっと冷え込んでくると、団子をつくり始めます」と延原所長は語る。

「淡路島のサルの特徴は、本当に仲の良い集団だということ。仲が良くないと団子にならない、大きな団子にはなりにくいんですよ」

なぜそんなに仲が良いのか? 全国各地の大学から研究者が訪れ、調査しているという。大きな「サル団子」を見るには、淡路島を訪れるのが一番のようだ。

「話題の画像」の最新記事

2018/4/18 17:05

上色見熊野座神社(ageo_akaihanaさん撮影、Wikimedia Commonsより) 熊本県阿蘇郡高森町にある...

2018/4/15 14:00

投稿者のペットが「ある時期」を迎え、衝撃的な姿(?)となり、注目を集めている、こんなツイートが2018年3月28日に投稿され、話題になっている。...

2018/4/15 11:00

「しゃちほこボーイズさんからお電話です」 時間に追われながら、ニュース原稿をまとめている編集部内に、突然響き渡った「しゃちほこボーイズ」の名.........

2018/4/14 11:00

投稿者のペットが、車でとんでもない姿(?)になってしまい、笑いを呼んでいる、こんなツイートが2018年4月2日に投稿され、話題になっている。...

2018/4/11 11:00

総務省が全国約9000世帯を調査した2017年「家計調査」で、生餃子・焼餃子の購入額で大阪府堺市が3位にランクインしたことが話題になっている。1位の栃木県...

兵庫県 最新記事
2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/22

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年4月10日放送の「これどうなん?ニュース10」のコーナーで、淡路ハイウェイオアシスの蛇口から出てくるたまねぎスープ...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/19

2018年4月18日、約50年ぶりに大規模なリニューアル工事を行っている伊丹空港で、ターミナルビル中央エリアの一部が先行オープンした。開業した中央商業エリ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ