寒い冬の「サル団子」 淡路島モンキーセンターのはひときわ大きいぞ!

2018年2月 3日 17:00

淡路島洲本市にある淡路島モンキーセンターの「サル団子」が話題になっている。

「サル団子」とは、野生のサルが一カ所に密集し、体を寄せ合い団子状態を作って、寒さをしのぐこと。淡路島の「サル団子」はひときわ大きい、と評判だ。いったいなぜそんなに大きな「サル団子」ができるのか? Jタウンネット編集部は淡路島に電話して話を聞いてみた。

サル団子ができるのは「冬の、曇り空で風が冷たい夕方」

サル団子(画像提供:淡路島モンキーセンター)
サル団子(画像提供:淡路島モンキーセンター)

電話で答えてくれたのは、淡路島モンキーセンターの延原利和所長だった。

「淡路島モンキーセンターは、淡路島南東部に生息する約300匹の野生のニホンザルを餌付けして、サルとのふれあいを楽しむ施設です」と延原所長。1967年オープンして、約50年営業を続けている。

野生のサルは朝9時頃に山から下りてきて、夕方17時頃になると山に帰るという。エサは小麦、大豆、サツマイモなどで、ときどき季節のフルーツを混ぜているそうだ。

「サル団子ができるのは、曇り空で風が冷たい夕方ですね。お昼頃、気温が上がった後、夕方近くになって、ぐっと冷え込んでくると、団子をつくり始めます」と延原所長は語る。

「淡路島のサルの特徴は、本当に仲の良い集団だということ。仲が良くないと団子にならない、大きな団子にはなりにくいんですよ」

なぜそんなに仲が良いのか? 全国各地の大学から研究者が訪れ、調査しているという。大きな「サル団子」を見るには、淡路島を訪れるのが一番のようだ。

「話題の画像」の最新記事

2018/2/20 17:00

羽生結弦選手と小平奈緒選手の金メダル獲得で、平昌五輪も俄然盛り上がりを見せている。さまざまな種目で、日本選手の健闘が続いているが、その中でも注目を集め始め...

2018/2/20 11:00

「Good Takatsuki インスタグラマー」発表(「たかつきウェルカムサイト」より) 大阪府の北部に位置する高槻市...

2018/2/18 14:00

ダンボールへぴったりフィットしている様子の猫が非常に可愛い――こんなツイートが2018年2月6日に投稿され、話題になっている。...

2018/2/17 22:00

スイッチをONにすると、ギョロッ(画像提供:宇都宮大学糸井川高穂助教) 読者の皆様、まず上の写真をご覧いただきたい。どこ...

2018/2/17 14:00

ある高級外車のエンブレムが、驚きの変貌をとげた――こんなツイートが2018年2月1日に投稿され、話題になっている。...

兵庫県 最新記事
2018/2/19

年始は多くのライダーがツーリングに繰り出します。 熟練の猛者が連れ立って遠征するかと思えば、初心者に近い方々が冒険に繰り出すチーム構成もあるでしょう。 猛...

2018/2/18

「色の白いは七難隠す」。肌の色が白ければ、多少顔に欠点があっても隠れて美しく見える、という意味だ。ざっと色白の芸能人をあげるとすれば、女性なら佐々木希さん...

2018/2/18

[となりのテレ金ちゃん-テレビ金沢]2018年2月6日放送の「仰天コロンブス」のコーナーで、かぶらずしの話題が出ていました。石川県民にとって、はなくてはな...

2018/2/17

アパートやマンションなどの集合住宅でトラブルになりやすいのは「騒音」。とくに走ったり飛び跳ねたりする子どもの足音は、階下に響く。Xさん(都道府県・年齢不明...

2018/2/17

焼きカニ、カニすき、カニしゃぶ――。この時期、おいしいカニを求めて旅行ツアーも組まれるほど日本人はカニが好きだ。しかし、都内在住の記者は以前からカニを食べ...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ