スキー・スノボに行くなら何県?【都道府県別投票】

2017年2月 6日 11:00

昨今若者のスキー離れが進んでいるというが、日本で最もポピュラーなウィンタースポーツといえば、やはりスキーとスノーボードだろう。

画像はイメージです
画像はイメージです

かつてバブル期には、若者たちがこぞってスキーに興じた。原田知世さん主演の映画「私をスキーに連れてって」がブームの火付け役となり、ゲレンデには広瀬香美さんの「ロマンスの神様」や「ゲレンデが溶けるほど恋したい」などが流れた。

多雪地帯に住む人ならば、学校の体育の授業で習うことも多いだろう。特に北日本や中央高地などは降雪が多く、冬季五輪が開催されたこともあるのでウィンタースポーツが盛んなイメージがある。一方であまり雪が降らない地域では、スキーやスノボをやったことがないという人も大勢いるだろう。

西日本の日本海側などにもゲレンデはあるが、ない地域に住む人たちはスキー・スノボをしにどこまで遠出するのだろうか。また自県にゲレンデがある人も、より良質な雪を求めて他県まで出かけたりすることはあるだろうか。

Jタウン研究所では、スキー・スノボに行くならどの道府県のゲレンデ(屋内スキー場、グラススキー場などを除く)に行くかを調査することにした。地域によってどんな違いがあるだろうか。

そこで読者の皆様に質問。

スキー・スノボに行くなら何県?

以下の選択肢からお答えいただきたい。結果はJタウンネットのシステムで都道府県別に集計する。

「投票中!」の最新記事

2017/8/19 17:00

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。 ...

2017/8/10 17:00

九州を代表するグルメ「長崎ちゃんぽん」。具だくさんで野菜をたっぷり摂取できることもあり、いまや九州のみならず、日本を代表する麺料理のひとつになりつつある。...

2017/8/9 17:00

からっと衣を揚げた鶏肉に、甘酢をからめて、タルタルソースをかけた「チキン南蛮」。濃厚さの中に、甘酢のサッパリ感を秘めたこの料理は、しっかり食事したい時にも...

2017/8/4 17:00

2017年8月2日、気象庁は、東北・北陸地方と新潟県の梅雨明けを宣言した。昨年と比較して東北では4日、北陸では14日遅い梅雨明けとなったが、この報を受けた...

2017/8/2 14:00

大人も子どもも大好きなスパゲティといえば、ベーコンやウインナーにタマネギ、ピーマン、マッシュルームなどが入ったケチャップ味の「ナポリタン」。昔懐かしい定番...

岐阜県 最新記事
2017/8/19

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。東京にあるJタウン研究所としては、7月の猛暑から一転し...

2017/8/19

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年8月8日放送の「バンデス記者」のコーナーで、9月10日まで開催されている「リボーンアートフェスティバル」が紹介さ...

2017/8/18

夏に中華料理店で提供される「冷やし中華」は、意外と議論が絶えない料理だ。国内で広い範囲で親しまれている料理ではあるが、マヨネーズの有無だったり(参照:「冷...

2017/8/16

元ネタ:散歩中にコロン... すぐ横になっちゃう柴犬これまでの連載はこちら。筆者:森キノコ絵とかマンガとか描いてます。 らしんばんにて4コマ隔週掲載中。 ...

2017/8/15

クイズ。これまでの人生で、一度もクイズに触れたことがない、という人は、まずいないはずだ。テレビにも、雑誌にも、ネットにも、そして普段の何気ない会話にも。私...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    5
    10年平均比
    19.05%
    前週比
    +400.00%
  2. 2
    16
    344.44%
    +100.00%
  3. 3
    28
    1117.39%
    +86.67%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ