豊蔵の世界vol.7「春のうたげ」

2017年2月17日 10:00

    豊蔵作品中、季節感のある器のとり合わせにしております。早春の色合いや、草花の写し等、春のお祝い膳に相応しい器を披露します。また、志野・黄瀬戸・瀬戸黒作品は、色合いと姿を愛でることも、魅力のひとつでしょう。■豊蔵作品「紅梅図四方隅切鉢」 豊蔵は、庭園樹木の中でも特にお気に入りだったのが梅の木だったようです。それは数々の作品からもうかがうこともできます。厳しい冬から春の先駆けの梅が香り、ほころび始める頃を写生帳に画き込んでいます。 今回登場する「紅梅図四方隅切鉢」は、たっぷり枝を伸ばし花芯に金彩を施し、一層あでやかな紅梅を装った作品です。縁高の側面まで紅梅を散らした、豪華さにも惹かれます。 うたげの卓を一層盛り上げる器の数々をご覧ください。■愛蔵品「百合向付5客」 豊蔵は琳派の尾形乾山をこよなく愛で、収集しております。華やかさの中の洗練された造形感覚や独特の色調は、豊蔵の美意識を刺激したのでしょう。中でも「百合向付5客」は、豊蔵が集めた乾山作品の中でも見ごたえのある作品のひとつです。豪華な花をシンプルな形の器にした造形美は、現代に通じるものを感じます。 更に今回は、当資料館パンフレットで紹介しております「吉野山絵四方皿」も登場します。春めく季節の先取り展示をご覧ください。 シリーズ7回目の豊蔵の世界、幅広い作品をお楽しみください。■ギャラリートーク学芸員が展示をご案内致します。どなたでも、お気軽にご参加ください。お友達を誘いあってのご参加も大歓迎です。日程 3月19日(日)「豊蔵の眼差し」   4月16日(日)「豊蔵のコレクション」時間 13時30分より(約30分程度)※入館料が必要です。集合場所 荒川豊蔵資料館ロビー

イベント詳細ページへ

会期

2017年3月3日(金) ~ 4月16日(日)

会場

荒川豊蔵資料館

所在地

〒509-0234 岐阜県可児市久々利柿下入会352

インターネットミュージアム
岐阜県 最新記事
2017/8/21

「たぬき」といえば...(Nullumayulifeさん撮影、Flickrより)関東では、油揚げがのったうどんを「きつねうどん」、天かすがのったうどんを「...

2017/8/21

「茶の湯」の歴史をふり返ってみると、その始まりは鎌倉時代までさかのぼります。宋へ留学した僧侶らによって禅宗とともに「抹茶」が日本へもたらされ、禅宗のひろが...

2017/8/19

初さんまが水揚げされたり、キリンが「秋味」の販売を開始したりと、すでに秋の足音が徐々に聞こえ始めた。東京にあるJタウン研究所としては、7月の猛暑から一転し...

2017/8/19

[OH!バンデス―ミヤギテレビ]2017年8月8日放送の「バンデス記者」のコーナーで、9月10日まで開催されている「リボーンアートフェスティバル」が紹介さ...

2017/8/18

夏に中華料理店で提供される「冷やし中華」は、意外と議論が絶えない料理だ。国内で広い範囲で親しまれている料理ではあるが、マヨネーズの有無だったり(参照:「冷...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    10
    10年平均比
    -61.54%
    前週比
    +233.33%
  2. 2
    59
    1866.67%
    +110.71%
  3. 3
    4
    -45.21%
    +100.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    →(2)
  3. 3

    ↑(4)
  4. 4

    ↑(7)
  5. 5

    ↑(8)
注目情報
ラゾーナ
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ