豊蔵の世界vol.6「節句のうたげ」

2016年12月15日 15:42

    豊蔵の逸品とともに、節句を祝う賑やかな宴の器を紹介します。季節が変わる節目には様々な年中行事があり、笑顔溢れるうたげの席が設けられます。その場には、華やかな場を演出する存在感のある器の数々が並びます。形も、色も、大きさもバラエティーに富み、盛られる料理を一層引き立てます。"祝う・寿ぐ"うたげの卓の主役としてふさわしい、心躍る、彩りのある器を御覧ください。■主な作品紹介「染付魚形向付5客」 多治見、水月窯で制作された染付、焼き締め、上絵付等の文様の入った作品群は、大窯には無い華やかさがあります。 この染付魚形向付は、中国の古染付を彷彿とさせる5客です。それぞれが個性的で、またどことなくユーモラスな姿です。呉須の発色に特徴があり、裏面には吹墨の技法が全面に施されています。「写生帳」 豊蔵は、日記を綴るように、スケッチブックに季節の風物や人々の交流といった日々の記録を書き留めていました。展示では、写生帳の日付を意識し、在りし日の豊蔵の大萱での日々を知っていただきたく、週ごとに替えております。 寒さ厳しい折ですが、豊蔵の暮らし振りの一端を覗きにお出かけください。■ギャラリートーク学芸員が展示をご案内致します。お友達を誘いあってのご参加も大歓迎です。どなたでも、お気軽にご参加ください。日程 12月11日(日)、1月8日(日)、2月12日(日)時間 13時30分より(約30分程度)※入館券が必要です。集合場所 荒川豊蔵資料館ロビー

イベント詳細ページへ

会期

2016年12月9日(金) ~ 2017年2月26日(日)

会場

荒川豊蔵資料館

所在地

〒509-0234 岐阜県可児市久々利柿下入会352

インターネットミュージアム
岐阜県 最新記事
2018/1/24

中国古代の人々は、人間は死ぬと「魂」と「魄」に分かれ、「魂」は天上世界へ「魄」は地下のお墓の中で生きつづけると考えられていました。そのため、死後、地下世界...

2018/1/23

2018年1月22日、関東平野部など広い範囲で大雪となり、各地で約20センチの積雪を観測した。降雪のピークが帰宅ラッシュ時と重なったため、交通機関にも大き...

2018/1/23

テレビで経済のニュースを見ていると出てくる「仮想通貨」。そもそもは中央銀行などの公的な発行主体や管理者がいない、インターネット上で用いられる通貨のことであ...

2018/1/20

歩道を歩いていると、気にも留めないがどこにでもあるのがマンホール。世間で関心を集めるとすれば、「大雨でマンホールのふたが外れた」という類のものかもしれない...

2018/1/19

メロンパンが好きな人は多い。パン生地の上に甘いビスケット生地(クッキー生地)をのせて焼いた、日本発祥のパンだ。カリカリとした食感で、たしかに甘いが、けっし...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ