東北人のソウルアイス!感動的に復活した「ビバオール」、そのお味は?

2016年8月14日 11:00

ビバオールという棒付きアイスをご存知だろうか。新潟県の食品メーカー・セイヒョー(新潟市)が販売するイチゴ味のアイスで、なかにはイチゴソースが入っている。東北や新潟限定で販売されているので、全国的な知名度は低いかもしれない。

ビバオール(写真はすべて編集部撮影)
ビバオール(写真はすべて編集部撮影)

セイヒョーのサイトによると、ビバオールは、1970年代にしまかげ(宮城県仙台市)によって東北地方で製造されていたアイスで、当時は三角形で1本30円の当たり付きだったそう。しかし、97年に販売が終了、店頭から姿を消し幻のアイスとなった。

現在販売されているのは、セイヒョーによる復刻版。東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉したと書かれている。形は三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現した。2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として親しまれている。

この感動的なエピソードを知った筆者は、ビバオールを食べたくてうずうず。東京・表参道にある新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」で扱っていると知り、買いに行ってみた。

表参道・新潟館ネスパス
表参道・新潟館ネスパス

「地元の反応」の最新記事

2017/2/23 17:00

長崎バイオパークのカピバラ(kashikiさん撮影、Flickrより) 2017年2月18日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。 ...

2017/2/21 17:00

光の道 夕陽の祭(宮地嶽神社ウェブサイトより) 人気アイドルグループ「嵐」が登場したCMで一躍話題になった「光の道」、...

2017/2/21 06:00

マルカン大食堂のソフトクリーム(shckorさん撮影、Flickrより) 岩手県花巻市の「マルカン百貨店」が多くの人々に名残りを惜しまれながら閉店した...

2017/2/16 06:00

関西のピンチに立ちあがる保安協会員(関西電気保安協会プレスリリースより) 「関西電気保安協会」といえば、関西で知らない人...

2017/2/12 11:00

「人形さま巡り」でにぎわう、村上市の山上染物店(画像提供:むらかみ町屋再生プロジェクト) 「世界遺産」については、既に...

青森県 最新記事
2017/2/24

Jタウンネット編集部です。2017年2月26日、「デイリーポータルZ」さんの主催で、「ウェブメディアびっくりセール」というイベントが開催されます(京急蒲田...

2017/2/24

元ネタ:スタバが多いほど都会って本当?地域別店舗数を比較してみたこれまでの連載はこちら。筆者:森キノコ絵とかマンガとか描いてます。 らしんばんにて4コマ隔...

2017/2/24

お祭りの屋台でよく見かける「イカ焼き」、イカを丸ごと焼いた素朴でシンプルな料理だが、やわらかく弾力性に富んでいて、なんとも美味だ。ところがこの「イカ焼き」...

2017/2/18

クイズ・診断投稿サイト「トイダス」に出題されたトイからピックアップ! 今回は、「こここ」さんの「相鉄駅名クイズ」です。

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    7
    10年平均比
    -87.39%
    前週比
    +133.33%
  2. 2
    10
    104.08%
    +100.00%
  3. 3
    5
    -12.28%
    +66.67%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    →(1)
  2. 2

    →(2)
  3. 3

    →(3)
  4. 4

    ↑(699)
  5. 5

    ↓(4)
注目情報
黒塀横丁

啓翁桜と桜メニューが満開「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」

福島復興動画

今も続く復旧・復興へ取り組む若者たちの本音とは......

ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ