東北人のソウルアイス!感動的に復活した「ビバオール」、そのお味は?

2016年8月14日 11:00

ビバオールという棒付きアイスをご存知だろうか。新潟県の食品メーカー・セイヒョー(新潟市)が販売するイチゴ味のアイスで、なかにはイチゴソースが入っている。東北や新潟限定で販売されているので、全国的な知名度は低いかもしれない。

ビバオール(写真はすべて編集部撮影)
ビバオール(写真はすべて編集部撮影)

セイヒョーのサイトによると、ビバオールは、1970年代にしまかげ(宮城県仙台市)によって東北地方で製造されていたアイスで、当時は三角形で1本30円の当たり付きだったそう。しかし、97年に販売が終了、店頭から姿を消し幻のアイスとなった。

現在販売されているのは、セイヒョーによる復刻版。東北出身者のビバオール復活を望む声を聞き、再販へ向けてしまかげの関係者に直接交渉したと書かれている。形は三角形から四角形に、味は現代風に改良しつつも当時の味を忠実に再現した。2004年3月から東北地方と新潟県のコンビニやスーパーで再販が実現し、「懐かしの味」として親しまれている。

この感動的なエピソードを知った筆者は、ビバオールを食べたくてうずうず。東京・表参道にある新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」で扱っていると知り、買いに行ってみた。

表参道・新潟館ネスパス
表参道・新潟館ネスパス

「地元の反応」の最新記事

2018/4/22 11:00

国内の観光地や景勝地を、国外の地域や都市に例える表現――例えば「日本のパリ」「日本のグランドキャニオン」(これらは記者が適当に思いついた例だが)といった呼...

2018/4/20 20:00

神奈川県のご当地ローカルハンバーグ店「ハングリータイガー」が、2018年4月19日放送のトーク・ドキュメンタリー番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)で紹...

2018/4/20 11:00

英才教育――そう聞けば、一般には小さなころから外国語や高尚な音楽、スポーツなどに慣れ親しませ、エリートを作る、というイメージを持つ人が多いだろう。そんな中...

2018/4/20 11:00

2017年7月に起きた九州北部豪雨の影響で運転を見合わせていた久大本線の光岡(てるおか)駅~日田(ひた)駅間が、18年7月14日から再開する。...

2018/4/19 20:00

2018年4月18日、約50年ぶりに大規模なリニューアル工事を行っている伊丹空港で、ターミナルビル中央エリアの一部が先行オープンした。開業した中央商業エリ...

秋田県 最新記事
2018/4/22

カレーといえば、誰もが一度は食べたことのある馴染み深い料理の一つだ。 家庭では親に作ってもらい、小学校などの給食でも定番メニューだっただろう。 今ではカレ...

2018/4/22

「昭和ノスタルジー」があるなら、「平成ノスタルジー」もきっと来る。 というわけで、将来この時代の象徴として語られるであろうアイテム、文化、人物などを、平成...

2018/4/21

東日本と西日本の違いは特に食べ物関連に表れやすいようだが、「うどんの東西差」といえば、日清の「どん兵衛」に東と西の2パターンの味が用意されている話などでも...

2018/4/20

「アジフライって、みなさん何をかけますか――」という一言で、編集部内で大論争が起こり、収拾がつかない事態に陥った。結局、アンケート調査を行い、決着を付けよ...

2018/4/17

2018年、ロサンゼルス・エンゼルスの一員としてメジャー・デビューを果たした大谷翔平選手は、投手として2勝を上げ、打者として3試合連続本塁打と、衝撃的なス...

アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
注目情報

福島と港区つなぐNPOの「未来塾」3年目開催

ごろごろ寝ころびたくなる家

20180122kitakyushu1.jpg

赤坂の「ASUS Store」がオススメ!

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

↑上へ