弱っている猫を保護→数カ月後、そこには超元気になった猫の姿が...

2017年1月11日 17:00

救出した猫が、驚くような変身を遂げた――こんなツイートが2017年1月8日に投稿され、話題になっている。

ではここで、実際どうなったのか、見てみよう。

投稿者の妹さん夫婦は先日、車の下で1匹の猫を救出し、飼い始めることにした。救出から何カ月か過ぎ、すっかり元気になった猫。部屋の中を跳ね回り、写真にも写らないほどのスピードを発揮するようになった。対照的なのは、その姿を後ろから見守っている、元々飼われていた猫だ。投稿者の言う通り、あまりの元気さにちょっと「引いている」ように見えなくもない。


救出され元気になったのは喜ばしいことなのだが、動きが速すぎるあまり、撮影しても残念ながらブレた残像のようになってしまうという。これを見て「アクティブw可愛いすぎww」「元気そうで何よりw」と癒されたり、回復した様子に安心する人も多かったようだ。

このツイートには、こんな反響が。

本当に元気過ぎるくらい回復して、何よりでした!あまりの速さに、もともと居た猫ちゃんも驚いているのかもしれませんね(笑)。どちらも可愛すぎます!!(ライター:a rainbow)

「話題の画像」の最新記事

2017/6/25 11:00

子ども用の坐薬にプリントされた絵が宇宙人に見えてしまう――こんなツイートが2017年6月10日に投稿され、話題になっている。...

2017/6/24 17:00

コショウ用として使っている調味料入れの容器が、使用する度に禍々しい見た目に――こんなツイートが2017年6月10日に投稿され、話題になっている。...

2017/6/22 21:00

「まつりつくば」公式ホームページより 2017年6月20日、茨城県のつくば市観光推進課公式アカウントから、次のようなツイ...

2017/6/22 11:00

巣と子を守ろうとする親ツバメの様子が恐ろしい――こんなツイートが2017年6月12日に投稿され、話題になっている。...

2017/6/21 21:00

2017年6月19日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。 富山にある素敵なコンビニの商品一例 pic.twitter.com/I...

秋田県 最新記事
2017/6/23

2017年のプロ野球は交流戦を終え、シーズンの折り返し地点に差しかかった。昨年Bクラスの楽天が開幕序盤から首位に立ち、優勝候補の筆頭といわれた巨人が悪夢の...

2017/6/21

2017年6月19日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となっている。富山にある素敵なコンビニの商品一例 pic.twitter.com/IRq...

2017/6/21

俳句においては夏の季語でもある「ところてん」は、見た目も味わいも涼感たっぷりな食品だ。天突きで押し出すときの手ごたえも中々癖になるものがある。全国和菓子協...

2017/6/21

秋田大学の図書館が2016年春に公開した「鉱山絵図・絵巻デジタルギャラリー」が話題となっている。江戸時代の鉱山の絵図や絵巻を撮影した高精細なデジタル画像を...

2017/6/18

生きていく以上避けられない行動が3つある。睡眠と食事、そしてトイレだ。様々な企業が努力した結果、先進国ではそれらの環境は高水準に保たれている。そして、その...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    62
    10年平均比
    853.85%
    前週比
    +51.22%
  2. 2
    11
    -30.82%
    +22.22%
  3. 3
    1
    -93.79%
    +0.00%
アクセスランキング
デイリー
  週  
  月  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(101)
  2. 2

    →(2)
  3. 3

    ↑(972)
  4. 4

    ↑(32)
  5. 5

    ↓(3)
注目情報
ムシ

毎年6月は、国土交通省と不正改造防止推進協議会による「不正改造車を排除する運動」強化月間...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ