【帰省ドクモ】愛知県・阿部まちさん

2014年2月25日 11:43

「ドクモたちが、地元について教えてくれました! 年末年始、帰省中のお話も。」

名前
阿部まち(アベマチ)
誕生日
1月10日
趣味・特技
旅行、食べること
買い物
ブログ

地元の好きなお店

ディアボロバンビーナ、リズラ、マカロニ

地元の好きな場所

デートスポットの名古屋市科学館のプラネタリウム

年末年始は誰と、どこで過ごしましたか

彼氏と神社でカウントダウン!

ご当地の年越しそば、おせちなどの特徴は?

年越しそばは天ぷらと一緒に食べる!
お雑煮は、シンプルにお餅と水菜のみで、鰹節で取ったお汁!

初詣にはどちらに行きましたか?

伊勢神宮

初売り(初買い)はどこに行きましたか

島屋、パルコ

地元の好きな飲食店に行きましたか

行きました!
ざうお、リズラ

地元の魅力を地元の方言でアピールしてください。

愛知は自然と都会の融合の街!!
でらいいところ?


「ご当地ドクモ大使」大募集!

"地元密着型読者モデル"として才能を発揮したい方、お待ちしています。


   「ご当地ドクモ大使」は、全国47都道府県を代表する新しい形の読者モデルです。地域密着型情報サイト「Jタウンネット」では、日本最大約4000名の人気読者モデルが在籍する「Dokumo Cafe(ドクモカフェ)」と連携し、あなたの出身地で活躍する「地元密着型読者モデル」を募集しています。地元での様々なイベントとコラボして、定期的にオーディションを開催します。

   ご当地グルメ、ご当地アイドルなど、ローカル情報を発信する取組みが増えています。あなたが愛する地元の情報を、あなたらしいやり方で発信する「ご当地ドクモ大使」に挑戦してみませんか?

   グルメにショッピング、おでかけにおさんぽなど、日本国内には魅力的なコンテンツがたくさんあります。それを掘り起こして地元の人たちと共有し、全国レベルにまで押し上げてもらえる人を募集しています。

   あなたの発信する情報が地域の魅力を盛り上げます。地域を大切に思い、キレイ、カワイイを大切にしながら、それぞれの夢の実現を目指して頑張っている「ドクモ大使」を地域のみなさんも応援しています。エントリーは簡単。下記サイトからご登録ください。

申込み先
Dokumo Cafe(ドクモカフェ)
運営会社
株式会社デジタルプロモーション
住所
渋谷区代々木3-1-11 パシフィックスクエア代々木2階
電話
03-4405-7124
MAIL
info@dokumocafe.jp
申込フォーム
ご当地ドクモ大使エントリー
担当
青山
愛知県 最新記事
2017/4/30

昭和の面影がまた1つ失われようとしている。「瓶チェリオ自販機は修理の目処が立たないそうです...」ツイッターで2017年4月22日、こんな書き込みがあった...

2017/4/29

発足30周年を迎えたJR東海は、東海道新幹線を中心に、東海、南関東、甲信、近畿と富山県の一部など、10県12線区にまたがる営業エリアを持つ。さまざまな在来...

2017/4/28

元ネタ:「新築の屋根にチクワが!」 大工さんもビックリな光景これまでの連載はこちら。筆者:森キノコ絵とかマンガとか描いてます。 らしんばんにて4コマ隔週掲...

2017/4/28

「カレーライスを混ぜて食う奴ってなんなの?」。「はてな匿名ダイアリー」で2017年3月、こんな議題が投稿され、「普通に混ぜて食ったほうが美味い」「カレーを...

2017/4/27

京浜急行電鉄の路線図が外国人には分かりづらいのではと、インターネット上で注目を集めている。「特急」と、それより通過駅の多い「快特」、そして都心と羽田空港を...

前週との比較で増加している感染症トップ3を都道府県ごとにお知らせします! (毎週火曜日更新)
  1. 1
    報告数
    42
    10年平均比
    117.62%
    前週比
    +82.61%
  2. 2
    272
    11.52%
    +27.10%
  3. 3
    54
    -34.15%
    +25.58%
アクセスランキング
Wikipediaの都道府県カテゴリ配下のページビューランキングを毎日更新します。()内は前日順位。
  1. 1

    ↑(7)
  2. 2

    ↑(12)
  3. 3

    ↑(6)
  4. 4

    ↑(3916)
  5. 5

    ↓(1)
注目情報
ムシ

奇妙なハラノムシがウヨウヨ。もしかしたらあなたにも...

関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

医師と共に考える新しいエイジングのカタチ

↑上へ